FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は…①

嘘ですが…今日はエイプリルフールだし…
昨日誠とデートの帰り際、先日の送別会の夜のことを追求された。

「先に寝るね…ってメールしたのに、どうして返事くれなかったの?」

正直ドキッとした…
どうして女の勘というのはこうも鋭いのだろうか?

「い、いや…2次会の店で寝ちゃってたんだ…」

そうは答えたもののどうも彼女は疑っているらしい!><


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
           ↓
title_l

kannou



ごめんねm(_ _)m

実はあの夜、今度配置換えになる部下だった女性に、

「以前から好きでした…」

と告白されて…

びっくりした…社内でも男性社員から人気のある女性だったし、まだ若いし…
そんな女性に告白されるなんて思ってもみなかったから…
と同時に、すごくとまどった…
僕は既婚者だし、愛する誠という女性もいるし…
彼女の思いに応えることはできない!

と最初は思っていた。

「そう…その気持ちはすごく嬉しいな…」

と軽く受け流して、それで済むかなと思っていた…

でも彼女は真剣らしく…

「これでもう海さんとは職場が離れてしまいます…
 海さんの気持ちを下さいとは言いません。
 でもせめて…最後になってしまうかも知れない今夜、
 私の思いだけ遂げさせてくださいませんか!?」


と、言われて…

たぶん、お酒の酔いもあったんだと思う。

誠にばれなきゃ、いいかな?
彼女も今夜だけと言っているのだし…

と、僕の中にずるい悪魔のような心が芽生えてしまった…

「M美さんは、僕が送っていくから…」

と皆に言い残し、タクシーに二人で乗り込んだ。
運転手に、

「二人でゆっくり泊まれるところへ行って…」

と言うと、運転手は、

「はい」

と答え、インター近くのホテルへ…

「いいんだね!?」

「はい…」

「後悔しないの?」

「海さんに一度でいいから抱かれたかったんです…」

もうそんなこと言われて頭に血が上らない男はいないと思う…
まあ、そんなのも言い訳だとわかっているけど…

m155

全裸になった彼女は僕の前に跪き、ブリーフの上から僕のモノを愛おしげに愛撫する…
やがてブリーフが引き下ろされ…
彼女の眼前に弾み出た長太槍をその喉深くにまで銜え込んだ。
得も言われぬ快感に呻いてしまう僕…

m156

ベッドに僕が押し倒され…
さらに激しく僕のモノをしゃぶり続けるM美…

「海さんのこれ、すごいです! 仕事のできる海さんのこと、
 本当に前から大好きでした!」


m157

その情熱的な言葉とおしゃぶりに、後はもう獣と化してしまった僕…

「じゃあ、君が上になって…」

「ああ、ねぇ…M美と呼んでください!」

「わかったよ…M美! 僕の上においで!」

自らの秘所に僕の長太槍をあてがい、ゆっくり腰を下ろしたM美…

m158

「あっ…あああああっ!」

極太の長太槍に、狭間(l) を押し拡げられる感覚に、甲高く長い叫びを放った。





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 妄想
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。