FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お籠もり…

誠、ただいま(^_^)/

日記、先を越されちゃったね!?^^

誠も書いたように、結局今日はお籠もりデートでした。
本当に…暖冬だったついこないだまでが信じられないくらいのここ数日の寒さ!
誰かが病院を出て放射能を撒き散らしたせいだとの噂もあるけど?
彼女が書いたように僕らのデートで雪と言えば、初めてのクリスマスの時の「雪の華デート」だね!?
まあ、今日はあの時ほどではなかったけど、あの日のことを思い出すような雪の華でした。

誠の病気は「激しい運動禁止!」
それは脈が上がって動悸が激しくなるから…
としたら…誠が感じてしまったら…
激しく逝ってしまったら体に障るかも知れない…

そう思っていたので正直僕はでHなしのまったりだけでもいいやと思っていました。



お風呂に入ってバスタオルを巻いただけでベッドに入りキスをして…
誠は、ずっと禁欲で僕が辛いだろうということで、知り合いから貰った「オナホール」を使って僕を逝かせようと…
でもどうもゼリーが不十分で痛くて…オナホールへの挿入もできない!><
そこで…優しく僕のモノを誠が口で愛撫…
ほどなく逝きそうになってしまった僕…

「手でいいから…」

そう言って誠とキスをしながら彼女の手でしごいて貰って…
最後は僕が自分でしごき、彼女が先っぽをおしゃぶりして1か月ぶりにピュ♂′′″ヽ☆
たっぷり出たものを誠は写メに撮って喜んでいました(*^_^*)
ちなみにそれ(写メ)を見たある人から「やけに少ないな…」と言われてちょっと落ち込みましたが…言い訳すると、自分のお腹の上に出したので、こんもりと固まってしまったのです…
どろりと濃い、密度の高い蛙とオタマジャクシでした!^^;

それから二人で抱き合ってまったりしながらTVを見ているうちに二人ともまどろんでしまい、気づけばもう昼!^^
ランチを注文してランチを待っている間、ついついいたずらな手が誠を弄ってしまい、彼女もそれに反応するもんだから、やっぱりついつい我慢するつもりだった彼女への愛撫を僕は始めてしまいました…

乳首から脇腹…そして愛しいあそこ…

夥しく愛液を溢れさせた誠…

すっかり敏感になって存在を誇示する肉芽…

入院前と何も変わることない彼女の愛しい肉体を僕は心を込めて愛撫しました。
すると彼女は…

「きて!海のモノがほしい!」

と…

僕はおそるおそる、彼女の体に僕のモノを繋ごうとしましたが、狭くなった誠のあそこは、なかなか僕のモノを受け入れてくれません。
何度も滑って外れてしまいましたが、先っぽだけを挿入し、何度か出し入れして道筋をつけ、それから一気に奥まで挿入しました。
懐かしい誠の、温かで、吸い込みまといつくような淫肉にくるまれ、愛しい彼女の体を抱き締めて僕は幸せでした。

ほんの少し動いただけでも、敏感に反応し激しく身悶える誠…
やがて僕が自分も快感を得ようと抽送を小刻みに速めていくと、何度も先に絶頂へと駆け上がって逝きました。

「大丈夫?」

そう訊ねると、大丈夫との答え…
僕は安心して彼女の体奥に精を解き放ちました。
もちろん彼女もまた一緒に逝ってしまったのは言うまでもありません!^^

その後休息を取りながら結局夕方までに3R…

夕方6時近くにを出て、夕食にを食べ、ネカフェでちょっとイチャイチャして、帰宅…

1か月ぶりのデート…とても幸せな一日でした(^_^)/



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。