FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と体…

心と体が共に相手の愛を

求めている…



そんな感じの昨日(もう一昨日…)の営みでした。

違うかな?^^

心で感じ合える愛の交歓に激しさは要らない…

いつの間にか抱き締め合い…
いつの間にか求め合い…
いつの間にか繋がっている…
いつの間にか一緒に果てている…

そんなことを思いました。

照れくさいんだけど…



逸る思いを抑えつつ、待ち合わせ場所のネカフェへ…

会社からそこまで、どこをどう辿れば早く着けるか…
この3年でしっかり身につけた僕…
結局40分あまりで到着…

案の定…彼女は外で待つことなく、僕の車に乗り込んできました。

でも話さなきゃいけないことが僕も誠もいっぱいで…
道々話しながらへ…

軽い食事をし、僕は僕の思いを語り…
お風呂でしっかりリラックスしてベッドイン…

火照った体を重ね合っているだけで幸せでした。

でも…

なぜか敏感な誠の体…

そんな彼女を癒してあげたいと自然に思う僕…

「いや!」

と甘く叫ぶ彼女…
でもその体はちっとも嫌がっていない…
一気に駆け上がってしまう自分を恐れているかのようでした。
そんな誠が愛しくて愛しくて…

気づけばいつものように誠の全身を愛撫し、肉芽を舐め転がしながら蜜壺を指でくすぐり、溢れ出した蜜を口に受け止めていました。

「きて!」

誠の切なそうな言葉…

でも僕は…

彼女への切ない思いで膨らんだ僕の分身を誠に差し出しました。

愛おしいものを、心を込めて愛撫してくれる彼女…
やがて我慢の限界が近づき、僕と誠は繋がって高みを目指しました。
込み上げる思い…込み上げる官能…

え?

と思ううちに何度も極みに駆け上がる誠…

上になったり下になったり…
叫んだり笑ったりの二人のSEX…

そして、もう何度目かわからない彼女の絶頂に導かれ、僕も情熱を彼女の内部に吐き出しました。

時間がなくて…

しっかり愛し合えたのは一度きりでしたが、なんとも満ち足りた二人の時間…

本当に、心も体も僕らは求め合い満たされました。

ありがとう誠…

愛しています…君だけを…




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。