FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誠へ…

一昨日、誠と喧嘩になってしまいました…

>でもさ…たまには誠にも僕のいいところも書いて欲しいな!^^
>自慢でなくていいから…
>爺で馬鹿で早くて小さい…なんて最低の男じゃん?^^

と僕がコメントに書いたこと…

誠の言うように彼女はいっぱい僕への愛をこのブログの記事に書いてくれています。
そのことは十分僕に伝わっています。
誠の僕への気持ちを、微塵も疑ってはいません。

でも、あんなことを書いてしまいました…

それはどうしてかと言うと、メッセや電話で「爺ちゃん…」「早いくせに…」「本当に馬鹿!」「Mのくせに…」「鈍い…」って言われることが多いからだったんだと思います。
その言葉通りのことも多いんだけど、でも僕のどこかにその逆でありたいという願望があったから…
誠がそんなこと本気で言ってるはずがない…むしろ逆に思ってくれている…
本気にそう思ったら言うはずがない…
と思う一方で、でも本当に本気で思っていないなら思った通りのことを言葉にして欲しい…手放しで彼を自慢気に書く女性のブログはなんか疎ましいけど、反面羨ましくもある…
そんなふうにあの時は思ってしまったのでした。
その意味では「僕のいいところも書いて欲しいな」と書くのではなく、「僕のいいところも聞かせて欲しいな」というのが本当のところです。

でもあんなふうに書いてしまった…

その後…「男のエゴ」の記事を書き、考えてみたら自分の思っていることは矛盾しているなと感じました。
誠が感じるままにブログは書くものであって、それをこんなふうに書いてほしいとか思うのは、僕のエゴだよな…
そんなことを押しつけたら誠の意にそぐわないことを強制することになるよな…
僕にどんな願望があろうが、僕は僕だしその僕のありのままを愛してくれているんだから、それでいいんだよな…
と思いました。

メッセで誠は自分の思いが通じていなかったと怒りました。
僕が信じていないと思ったようです。
あんなふうに書かれたらそう思うのは当然のことです。
僕は必死にそうではないと訴えました。
じゃあなぜ書いたの?と訊ねる誠に、そんなわがままを言ったらきっとますます怒るだろうなと思った僕は、怒らないか?と確認し僕のわがままだったその時の思いを伝えました。
案の定、誠はますます怒りました。

でもまだ誠の怒り…誠自身が何に傷ついたのか…
僕はわかっているようでわかっていませんでした。

昨日誠と、少し電話で話しました。
その時点では僕はここまでしか考えていませんでした…




実は昨日、朝から体調が悪く(頭痛と発熱、腹痛…そしてひどい下痢と嘔吐…感染性胃腸炎と診断されました…)会社を休んで寝込んでいました。
久しぶりに症状がひどく、パソコンに向かう体力も気力もなく、ただひたすら眠りました。
今日ようやく熱も引き、少し楽になったのと同時に頭もすっきりしてきて、いろいろ考え、また改めて僕自身の愚かさが身にしみました。

誠の「愛してる」には端から僕のいいところも悪いところも全て含んでの「愛してる」なのです。
考えてみればそれは僕も同じ…
誠のいいところも悪いところも全て含んでの「愛してる」であって、ここはイヤだからとか、ここは物足りないから…とか、そういう問題ではないわけです。
「変なプライドに拘る男は嫌い」と誠の言っている意味はそういうことなんです。
それなのに僕はどうでもいいようなことに対して「認めて欲しい」と訴えていたのです。
わがままというより「馬鹿」…
今回もそんなつまらぬことに拘るから彼女を怒らせてしまいました。
仮に満足していようがいまいが、それは僕が僕であることであって、不満と言われてどうすることもできないことじゃないか…
そんなことに拘るなんて意味のないことなんだ…

いつもいつもそういうことを考えずに、馬鹿なことを考えてしまう僕をどうか許して下さい。
ガキで愚かな僕をどうか許して下さい。

もう2度とそんなことは考えないし言いません!

ただわかって下さい…
自分の愚かさにまた気づいていなくて馬鹿なことをしてしまっただけです。
決して誠のことを疑ったわけではありません。
誠の思いは通じているし、わかっています。

本当にごめんなさい…



海へ

>誠の「愛してる」には端から僕のいいところも悪いところも全て含んでの「愛してる」なのです

そう、その通り。
海は海に違いなく、他の誰でもなく私が愛するただ一人の人。
それなのに他人の目やプライドや、そんなことにふりまわされることなくいて欲しい。
じゃなかったらこんなにリスクを背負ってあなたとこれからの人生をともに歩こうなんて思わないから…

by誠



そんなことにすら…

気づけずにいた僕をゆるしてね…
同時にそれは僕にとっての誠も同じです。
かけがえのない大切な人です。
だから…絶対体は大事にして下さい!


ちょっと失礼シマス。

彼氏サンも書いてるように二人の愛してるは十分伝わってると思います。
ただ、メッセで彼だから大丈夫。とか
まぁ二人の事だから何とも言えなぃけども
やっぱおちゃらけでも、傷つくコトもあると思う
んだ。ァタシゎ前々から口が悪いなぁと言われ続けてました。もちろん悪気がある訳でもなく
冗談も本当のことも結構ズバっと口に出してしまぅ。それで人が傷ついてたなんて思わなかった。
別に彼氏サンの肩持つ訳でゎなく、決して誠サンを
非難してる訳でもなぃんだょ。
それが本音か嘘か…どちらにしてもやっぱ
言われた事で傷つく人もいる。
二人の事だもの。こうやってオープンにブログも
二人で書いてるモノ。絶対的信頼関係が
なかったら書けないと思う。
話は戻って、それからかな…
自分の言いたいことを言えなくなってしまったのは。単純に考えれば言って良い事と悪い事の
区別だってつくのに、
「ユキゎ、口悪すぎ。人の気持ちや相手がどう
思うかなんて考えないんだ。」と元彼に言われた
事がありました。もの凄くショックで、そんなに
気にしてたの?こんな些細な冗談を?と思って
ました。でもよく考えたら、逆で考えたら
冗談にしてもそれは傷つくだろ?と今更ながらに
思ってしまって。だから、口を閉ざすように
なってしまったのです。その影響からか、現彼にはホントに自分がこう思ってるって事も言えなくて。それで凄い自分を追い詰めてしまったコトも。
ノリがいいと言われるァタシですが、ノリと冗談の罵倒
とは違うモノなんだって思いました。
「言葉」って幸せも与えるケド「不幸」も与えます。
一つ間違えれば取り返しのつかないことに
なるものだと思ってます。
だから「愛してる」はとても、幸せな言葉で
二人のブログを読んでると本当に愛し合ってるん
だなって素直に思いました。
だから彼氏サンがそれをわからない訳はないし
誠サンも相当な覚悟を決めて彼氏サンとこれから
の人生を歩んでいくつもりてのも分かります。
だからこそ、もっと大事にしなきゃいけないから
こそ、「言葉」を大事にしてほしいと思って
コメントさせてもらいました。もちろん鍵コメでは
なくこのままUPする事にしました。
人は誰でも、自分をもっともっとわかってもらいたいって欲が出てくるものだと思います。
ァタシもこれだけダリンに愛されながらもっともっと
って思うこともしばしば。それだけ自分の事を
更にわかってほしい。相手が大切な人であれば
あるほどわかってほしい。
それは誠サンもそうだと思うし彼氏サンもそうだと
思うんだ。「これ以上…」ではなく「もっともっと」が
今回の彼氏サンのエゴ(?)の原因ではないかな。
それだけ愛してるって証拠です。
他人にも認めてもらいたいってのは正直な
気持ちだと思うし、やっぱりこれだけのアクセスが
あって、これだけの人は見てるブログ。二人だけ
のモノであってそうでなぃようなアクセス数だと
思うの。賛否両論あるとゎ思うけども
「優しくするコト」「愛するコト」「思いやるコト」は
限度超えたっていいぢゃない。もっともっとって
なってもいいぢゃない。それだけ二人の「愛」は
深まるのだから…。
的はずれなコト書いてるかもだけど、許してネ。
これからの二人がもっと愛で深まりますように。
願っています★ノノ
                ゆきでした♬



ゆきちゃんへ

コメントありがとう
うれしくて泣いてしまいました。
本当に私たちのことを見ていてくれてるんだって思える内容に改めて感謝です。
この件は改めて日記としてお返事させてください。
ありがとう…

by誠



ゆきさんへ!^^

コメント、ありがとうございます(^_^)/

>冗談も本当のことも結構ズバっと口に出してしまぅ。

これ…誠も一緒です。
でもう一つ…これは僕が勝手に思ってるんだけど、誠は「照れ屋」さんで、恥ずかしがり屋なところがあるんですよね…
だから本当に思ってることが恥ずかしくて言えなくて、逆のことを言ってることが結構ある…
「本当に馬鹿」の意味は「もう、インテリなんだから…すごいね!」
「早い!」は「なかなか逝ってくれないんだから…感じすぎて困るわよん!」
ってことじゃないかと…
なはは…誠に殴られそうだ!^^;
で、冗談はおいといて…
まじめにこうしてコメントして頂け誠同様僕もとても嬉しかったです。
これからもこんな僕らを見守って下さいね。
よろしくお願いします…



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。