FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海と別れている間に④

「彼とは別れちゃいました。よかったらエッチしませんか?」

といういきなりのメール。

「ムチャクチャ寒い冬の上に、身体も心も冷え切ってます(-_-;)&^^;。 近況でも聞かせてください~。待ってます。」

とヒ○から返事が来た。

その時は確か、まだ健○ともメールをしていた。
michiyoがストーカーになって家の前にいるとか色々と相談を受けていた最中だった。

どっちも好きと言うと語弊があるかもしれないけれど、私の中では健○からメールが来れば健○に、ヒ○からメールが来ればヒ○にと気持ちが揺れ動いていた。

ヒ○から近況を聞かれ、今の状況や自分の体調などのメールをした。
ヒ○に

「彼女はいないの?」

と聞くと

「彼女と別れたのは、もう随分前だよ^^;。すでにオチンチンは泌尿器オンリーかな~」

といきなりの返事。



え?
ヒ○って恋愛に対して本気にならないって言ってたはずなのに…
私はかなりショックだった。
だったらあの時どうして私と付き合うと言ってくれなかったのか…
確かに前の彼女と別れてすぐだったし、転勤で戻ってきたばかりだったけど。

暫くメールだけが続いたある日、ヒ○から

「仕事はしてるの?空いてる時間は?夜でもOKかな?また、逢えそうな時間帯を教えて。」

とメールが来た。
その中にはどんなプレイがしたいのかが書かれていた。
一度関係ができているのだから会う=SEXは当たり前の話として進んでいた。

そしてついにヒ○に会うことになった。
前と同じ曜日の同じ時間帯。
待ち合わせも同じ場所。
久々に会ったヒ○は何も変わっていなかった。
ただ私の心はこれから始まる何かにドキドキしていた。

昔ヒ○と行ったラブホに着いた。
ヒ○とのSEXを思い出す。
優しかったヒ○。
そしてちょっぴりSで私の感じる部分をわかっていて唯一潮を噴かせられる人。
体の奥が疼いていた。

部屋に入り、二人で思いだした。
数ある部屋なのに、前に入った部屋だってこと。
お互いに触れることなく今までの空白の時間を話し始めた。
海とのことも、健○のこともmichiyoと泥沼になったことも。

ヒ○はネットで知り合ったけれど、本当に普通の人でネットには疎かった。
海や健○とはネットの話をよくしたけれど、ヒ○とは本当に普通の話をした。
そして気になっていたヒ○の彼女の話も聞いた。

リアルで知り合って、彼女はヒ○の本名も全て知っていたこと。
彼女も家庭があるのにヒ○に対して想いが強くなりすぎて、奥さんへも嫉妬し、自分が苦しくなって彼女からさよならされたこと。
私には何も教えずプライベートは一切話さないヒ○。
何が彼女と違うのかがわからなかった。

一通りの話が終わり、シャワーを浴び、ベッドへ。
いつの間に用意したのかローターを取り出した。
それで私の感じる部分を責め立てる。

「あぁ…駄目…感じちゃう…」

昔の私は

「嫌っ」

としか言わなかった。
海と知り合って言葉責めに遭い、そして私から求めることも、嫌らしい言葉を言うことも教えられた。
体も頭も海に教えられた通りに反応していた。

ローターをクリトリスに当てられそれだけでイッてしまった。
そして指を私の中に入れた。

「あ…」

そう思った瞬間、もう噴かされていた。
声も出ず、息もできない。
嫌らしい水の音だけが部屋に響き渡る。

「いやぁぁぁぁっ…」

「あぁ…駄目…」


それが精一杯の言葉だった。
私がイッたのがわかるとヒ○は少し冷ややかな笑みを浮かべ

、「こんなに噴いたよ」

と指とシーツを見せられた。

恥ずかしい…
ローターやバイブや、舌や男性自身でイかされるのとは全く別の快感がそこにはあった。

ヒ○のモノは長い。
口で咥えると半分くらいしか入らない。

「もっと奥まで」

と言われても入らないものは仕方がない。

「相変わらず上手だよね」

と言われ、そうなのかなと思いつつ、ヒ○が中に入ってきた。
ヒ○の長いモノは私の子宮を刺激する。
快感より痛い。
持続時間も長い。
ヒ○は自分で角度を調節し、私が痛くない角度で激しく腰を動かしてくれる。

「はぁん…」

「ヒ○ぉ…駄目…感じちゃうよぉ…」


「感じさせるためにしているんだから感じなきゃ駄目だよ」

と言われ、その時は既に海のことは頭から消えていた。

「どこに何が入ってるの?」

「あんっ…言えない…」

「言わなきゃ駄目だよ」

「ヒ○のおちんちんが私の中に…」

「中じゃないでしょ、ちゃんと言いなさい」

「あぁん…私のおま○○に…」

「恥ずかしい言葉をよく言えるね、嫌らしい女だ」

言葉で苛められながら快感が増していく。
愛情がそこにないとは思わない。
だけどお互い快感を求めるだけの関係。

スポーツのような、でも気持ちがよすぎるヒ○のSEXに気持ちも全てヒ○に傾いてしまった。
やっぱり愛されたい。
でもそれは言ってはいけない言葉。
その代わりにヒ○を口で感じさせ、私も沢山感じさせてもらう。
息も絶え絶えになるSEX。
快感の波が次から次へとやってきて気を失いそうになる。
何度イかされたのかわからないくらい一度のSEXで感じさせられてしまう。

その翌日のヒ○からのメール。

「以前も感じやすい人だと思っていましたが、
この3年でさらに磨きがかかったようですね~笑。
潮吹きの量も以前より多かったような印象です。
途中誠の反応がすごかったので、
思わず身体のことが心配になりましたよ(^_-)-☆。」


体だけでもいい、ヒ○とこの関係を続けたい、それがそのときの正直な私の気持ちだった。



スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。