FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットカフェで…

ただいまネットカフェです。
今日は一人です(平日だから当たり前?)

ちょっと時間つぶしとランチするために入りました。
私がいつも利用するネカフェは「ネットリクライニング」席(個室)と「カップルシート」席(個室だけど入り口は閉められない)、後はよくある10席くらいが並んでるネット席やネットができない漫画やゲームができる席などがあります。

私は並んでるネット席は使いません。
だってアダルトなこと書けないし、まさか近所でここを読んでる人はいないだろうけど、見られたら嫌だし、なので個室です。
個室…なんて淫靡な響き

で、平日のネカフェはおさぼりサラリーマンが多いです。
後はオタッキー?

そして今日、ついに見てしまいました





並んでいるネット席でアダルトの無修正動画をヘッドフォンしながら見ているサラリーマンを
だってその席は誰もが通るし見えるし、なのに堂々と…

私の頭の中はすでに妄想族(笑)
無修正動画見ながらヘッドフォンで音聞いて、股間はきっと…
でもってその人の頭の中は…
そぉっと後ろから覗き込んであげたかったけどやめときました。
だって海が知ったら怒りそうだから(笑)

あぁ、悶々としているそのサラリーマン。
胸元の開いたTシャツを着ている私が後ろから覗き込んでいるのを知ったらその後…
きっと耳元で

「今からどこかに行かない?」

なんて誘うのかな←すでに馬鹿な妄想族が入ってます

「え…初めて会ったのに…
 私、人妻なんです…」


「でもこんな動画を見てる俺を見てるあなたの頭の中は…だろ?」

「なんでわかったの?」

「そりゃ、その上気した顔を見ればわかるさ」

「え…!?」

「したくなってるんじゃないのかな?
 下着の中は洪水になってるだろ…
 乳首だって固くしこってる。
 見えるようだよ」


「え?何のこと…?」

「わかってるくせに、言わなきゃわからないのかい?
 ここで大きな声で言ってもいいのかい?」


「いやっ…」

「お利口だね、じゃ、とりあえず君の席はどこ?」

「そう…ね…個室だから…」

「じゃ、そこでじっくり可愛がってあげるよ
 声は出さないようにその濡れた下着でも咥えてもらおうか」


「わかったわ、続きは私の個室で…」

「よく見たらこの間カップル喫茶で見た顔だね」

「え?見てたの?
 じゃ、私のSEXはあなたにはわかってるってこと?」


「そうさ、あの時、俺がいたことさえ気付かないくらい激しく腰を振ってたもんな」

「そんな…あの時いて見られていたなんて…
 いいわ。
 でも今日のことは海には内緒にしてくれるわよね?」


「もちろんさ、だから俺にもあいつのようにさせてくれるね?
 ほら、見られてたってわかっただけでさっきより濡れてるだろ?
 糸を引いてる…
 嫌らしい女だな。」


「あなたに言われたくはないわ。
 でもいいわ…
 私はどうすればいいの?」


「そうだな、まずは黙ってヤツのときのように俺のモノを咥えてもらおうか。
 君を可愛がるのはその後だ。」


「わかったわ…
 あなただけ気持ちよくなって終わりってのはなしにしてよね」


「わかってる。
 他の客や従業員に気付かれるような声は出すなよ。」


きゃぁぁぁぁぁぁぁ(笑)

単なる馬鹿な妄想族に笑ってやってください

そんなことを想像しながら私の下着はしっかり濡れてますが何か?

なーんてここを会社から携帯で海が見ることを知ってるからちょっと煽ってみました(笑)
海、疼いてる?それとも笑ってる?
やっぱりSな私なのです

そうそう、一度彼と別れて復活してから、彼は変わりました。
それまでは海中心で海のペースだったのに、今はすっかり私のペース。
そして私をすごく気遣って私の気持ちを一番に考えてくれてる。
それがたまらなくうれしくて…
愛されてるなって思ってしまうのです。

私の心の痛みは海の心の痛み。
でも海の体の痛みは私の心の喜びだったりします

ここを開設して早一ヶ月。
馬鹿っプルだなって思ってる人もいるとは思います。
自分たちでも思ってますから(笑)

でも、私たちがここを開いて思っていることは、確かにアフィリエイトをすればこのアクセス数があれば稼げるのかもしれない。
なぜそれをしないのか。
画像(エロ系)も一切貼らない。
文字だけ、二人の想いだけで綴っていく二人の想いが詰っている大切な宝物なんです。
だから便乗してのアクセス狙いやアフィリエイト関係のリンクのお申し込みはお断りさせて頂こうと思っているのです。

だれだって宝物を何かに利用されたら嫌ですよね。
これからもエロかわいいじゃなくて、エロ馬鹿っプルを目指しますので、「二人で読む物語」を大事にしてくださいね。
よろしくお願いします



ぐへ!><

>私の心の痛みは海の心の痛み。
>でも海の体の痛みは私の心の喜びだったりします
ううう…完璧Sモードだ!^^;
隠れなきゃ…ε=ε=ε=┏( ▼_[隠れ家]サササッ

by海






スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。