FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「長期出張」 ④

「愛してる・・愛してるんだ・・・」

「わたしも・・海なしではもういられない・・・」

二人はそんな睦言を囁きつつ、互いの体をまたまさぐり合う。
お互いがお互いをいとおしく思う気持ちが伝わってくる。

「海・・もっと・・もっとちょうだい・・・」

「うん。僕ももっと沢山、洋子が欲しいよ」

そう言って、僕は抱っこの姿勢のまま立ち上がって、ダイニングまで洋子を
運んでいった。
テーブルの上に洋子の体を横たえる。

「洋子を、ガブガブ食べちゃうぞ!」

そう言ってニヤっと笑いながら、僕は洋子の肩、二の腕の内側・・形よく
盛り上がったおっぱい・・柔らかなわき腹をカプカプと軽く噛んだり、
舌でペロペロ舐めたりした。


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
             ↓
banner01  blogram投票ボタン
こそばゆくて・・なんともいえない快感!
海って男らしいだけじゃなくてかわいいっ!

「あ・・ああ・・・ふふ・・・海・・・くすぐったいよ」


「くすぐったいだけか?」

僕はそう言って中に入れたままの肉棒で、洋子の柔肉を軽くこすり上げる。

「あああ!!・・・」

「こっちも感じてるんだろう?さっきよりぐちょぐちょになってる・・
ここも固くなってる・・・」

洋子のクリを指の腹でクリクリといじくりまわす。
その度にひくひくと腰を痙攣させる洋子・・・

「や・・ああ・・・そこぉ・・ああ・・ダメぇ・・・」

「ダメなの?そう・・・」

僕はそう言うと指をどけ、長太槍を洋子の中からゆっくり後退させて
いった。
そんな僕の漲り張ったえらに、洋子の柔肉はまといつき、握り締めて
離すまいとする。

「いや!や・・やめないでぇ・・・海・・・」

海のおちんちんを追いかけて腰を浮かせる私・・・


「ふふ・・じゃあ洋子、自分で腰動かしてごらん」

そう言うと海はテーブルに私の足を乗せて膝を立たせ、腰を持ち上げ
両手もテーブルに立たせるようにした。
上向きの四つん這い・・足を開いて・・・とってもいやらしい
格好で・・・


「腰は支えててあげる・・ほら・・洋子・・・」

「ん・・・・」

ゆっくりと私は腰を前後に揺らし始める。


にゅっぷ・・・・ぬっちゅ・・・・濡っちゅ・・・・濡っちゅ
・・グッチュ・・・・グッチュ・・・・じゅっぷ・・・・


もっと激しく動きたいけど・・この体勢だと無理みたい・・・
でもこのゆっくりとした動きにも震えるような快感はやってくる。
掻き回すように腰をくねらせながら前後に動かして
顔は仰け反って声はかすれたようなあえぎになっちゃう。

「ふ・・あ・・ああ・・・ん~・・あぁ~・・あ・・あ~」

突き出された私の胸を海は片手で揉んだり・・乳首を細かく震わせて
転がしたり・・・それがまた感じちゃう・・・


「洋子・・・すごいいやらしい腰の動きだよ・・ああ・・」

「あ・・・ああ・・・ん・・海・・・洋子すっごいHな格好
・・・して・・感じちゃってるぅ・・・あ・・海・・」

「洋子~・・・」

海もゆっくりと腰を動かし始めた・・・

濡っちゅ・・濡っちゅ・・グッチュ・・グッチュ・・じゅっぷ・・
・・ジュップ・・グッチュ・・ぬっちゅ・・グッチュ・・グッチュ・・


僕の突き入れを迎えに来る洋子の腰・・・
僕が引く時には洋子の腰も後退する。
二人の動きが見事に重なって、素晴らしい快感のハーモニーを奏でている。

「ああ・・・洋子・・・素晴らしいよ!!」

「あんッ・・はあッ!!・・あんッ・・んんッ・・海も・・あうう・・
すごい・・すごいよう~・・・ああ・・・こんなに感じちゃう・・」


「洋子の・・ああ・・はッ・・腰使いが・・・ううッ・・うまいから・・・」

濡っちゅ・・濡っちゅ・・グッチュ・・グッチュ・・じゅっぷ・・
・・ジュップ・・グッチュ・・ぬっちゅ・・グッチュ・・グッチュ・・


海の腰がぶつかる度に、すごい快感が走る。

「あああ!・・・あ・・・ん・・・ああああ!!・・・はぁっ・・んん
あああ!!・・ん・・はぁぁ・・・」

もう・・いきそう・・・

「海・・・洋子・・もう・・あああ!・・あ・・いきそうなの・・・
あああ!・・は・・海に・・あ・・あああ!・・激しく・・あ・・
あああ!!・・突かれていきたいの・・・あ・・あああ!・・」


「よし・・わかったよ。激しくするからな!」

そう言って海は私の上半身を起こし、浮いていたお尻をテーブル
に付かせて腰を激しく突き上げはじめた。


ズズン!!・・ズズン!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!
・・濡っちゅ!!・・濡っちゅ!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!
ズズン!!・・グッチュ!!・・ズズン!!・・ジュップ!!
・・ジュップ!!・・ジュップ!!・・ジュップ!!・・濡っちゅ!!
濡っちゅ!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!・・


海の激しい突き入れで、テーブルまでギシギシ揺れる。
あッ・・あああ・・・私のおまんこ、こわれちゃう!!

「ああ・・・ああああ・・あああああああ!!!す・・すごいぃ・・
はっ・・はぁあ・・あ・・あああ!!」

海は私の片足を持ち上げてさらに奥まで侵入してくる・・
後ろでつっぱった私の腕がガクガクしちゃう・・・


ズズン!!・・グッチュ!!・・ズズン!!・・ジュップ!!
・・ジュップ!!・・ジュップ!!・・ジュップ!!・・濡っちゅ!!


「はああああ!!!!・・・ああああ~・・・あっ・・ああっ・・
奥までっ・・奥まで凄いの~・・・」

だめだめ!もう・・体の力がはいんないよぅ・・・

「んん・・・あああああ!!!・・あああああ!!!」


ズズン!!・・ズズン!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!
・・濡っちゅ!!・・濡っちゅ!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!


だんだん上半身がテーブルの上に崩れていっちゃった・・・

「洋子ッ・・はあっ・・・起きてほらっ・・はあっ・・はあっ」

「ダメぇ~・・・海・・・あああ!!・・体がとろけて・・あ・・
ん・・支えてられないよぉ・・は・・あああ!」


「じゃあ・・はあっ・・こうしよう・・・」

海は私を抱き起こして、今度は椅子に座り、私は海の上
になった。
海の体にしなだれかかりながら、海の突き上げを
受けとめる私・・・


ズズン!!・・ズズン!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!
・・濡っちゅ!!・・濡っちゅ!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!


「ん・・・あああ・・あ・・ん・・はあっ・・ああ・・あああん・・」

もう・・もうダメ・・・ほんとうにいっちゃう・・・

「いくぅ・・海・・洋子・・いく・・もう・・ダメ・・」

海の耳元で甘えたように・・・すがるように声を震わせる。

「ああ・・じゃあいくぞっ・・・」

海の腰がラストスパートに入る。


ズンッ!!・・ズンッ!!・・ズンッ!!

ズンッ!!ズンッ!!・・

もう私も限界!

「ん・・・んんん・・・ああああ・・・ああああ・・・はっ・・
ああ~~~ん・・いくぅ~・・」

私が断末魔の悲鳴を洩らしたその時・・・


「ああ・・・僕もッ・・僕もいくッ!!・・あッ・・出るッ!!・・」

海が切なそうに呻いて・・・

どぴゅうぅぅぅッ!!・・どぴゅぴゅッ!!

・・ドクドクッ!!・・ドクッ!!


私のおまんこの中に、海の熱い精液が・・・
ああ・・・激しく・・降りかけられて・・お腹の底まで染み渡るよう・・
あああ・・・い・・いいいいい・・・
海・・ああ・・海・・・


大好きッ・・ああ・・・愛してるう~ッ・・・・・・



⑤へ banner01 blogramで人気ブログを分析

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。