FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「長期出張」 ③

「長期出張 part2」

久しぶりに味わうお互いの性器の感触・・・その感触を確かめ合うように・・・
ゆっくり・・・

深く・・・

力強く・・・

ググッ!!・・グサッ!!・・ググッ・・!!・・グサッ!!・・ググッ!!
・・グサッ!!・・ググッ・・!!・・グサッ!!・・ググッ!!・・グサッ!!
ググッ・・!!・・グサッ!!・・ググッ!!・・グサッ!!・


ああ・・すごい・・・すごい気持ちいい・・
ああ・・・海とすると・・・すぐに感じちゃう・・・

「ああ・・海・・・いい・・・ああ・・・
んあ・・・愛して・・・愛してるぅ~・・・」


洋子はそう言って僕の体にしがみついてくる。
そんな洋子の体をぎゅっと抱き締めながら、僕は腰の律動を次第に激しく
していく。

ズズン!!・・ズズン!!・・ズズン!!・・ズズン!!・・ズズン!!
・・ズズン!!・・ズズン!!・・ズズン!!・・ズズン!!・・



続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
             ↓
banner01  blogram投票ボタン

恥骨と恥骨が激しくぶつかり合う。
その狭間で洋子のクリトリスが翻弄される。
僕は洋子の乳房をぎゅっと揉み締め、せり出す乳首をしゃぶりまくる・・・

海は私の胸をしゃぶりながら、情熱的に腰を
動かし突き上げる。
動きに合わせて・・・私のよがり声が高くなる。

「ああんッ・・あんッ・・あんッ・・んんッ・・海・・ああんッ・・
やっぱり・・すごい~ッ!!・・あうッ!!・・ああッ・・はあッ・・いい・・
ああッ!!・・最高ッ・・あッ!!・・い・・いいいいいぃぃぃッ!!・・」


洋子の声は早くも切迫して、快感の深さを訴える。
胸への激しい愛撫と、ますますその激しさを増すおまんこへの抽送・・・
突き刺さり・・引き抜かれるその度に、洋子の柔肉が掻き抉られ、めくり返り
まためり込んでいく。
すさまじいまでの摩擦感・・・
その醸し出す快感の深さといったら・・・もう例えようもない。

「ああ・・・僕も・・気持ちいいッ!!・・あああ・・・洋子の・・はあッ・・
このおまんこッ!!・・あ・・ああッ・・最高に・・いいッ!!・・あ・・」

僕もまた、洋子の蜜壺に温かく揉み締められ、送り込まれる深い快感に、もう
我を失いそうだ。
ますます夢中になって、弾けそうに膨れ上がった肉棒を叩き込む!!
ソファのクッションが反動となって、二人の体はシンクロしながら跳ね上がる。
洋子の蜜壺がこんこんと溢れさせる愛液が、肉棒の出没に合わせて淫靡な
湿音を奏で始めた。

ぐっちょ!!・・ぐっちゅ!!・・ズズン!!・・ズズン!!・・ジュップ!!
・・ジュップ!!・・ずずん!!・・ずずん!!・・ジュップ!!・・ジュップ!!


「ああッ!!・・海・・海・・愛してるッ!!・・ああ・・
あああッ!!・・最高なの~ッ!!・・あん・・あああ・・洋子・・もう・・
もう・・いきそお~ッ・・・あ・・あああッ・・」


「僕だって・・ああ・・洋子を・・こんなに・・はあッ・・愛してるッ!!・・
はッ・・はッ・・分かるかい?・・ほらッ・・こんなに・・深くッ・・強くッ・・
激しくッ・・ああ・・愛してるんだッ・・はあッ・・」

ズズン!!・・じゅっぷ!!・・じゅっぷ!!・・濡っちゅ!!・・ズズン!!
・・ズズン!!・・ズズン!!・・濡っちゅ!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!


洋子の腰の上で激しく上下に弾んで、洋子の体を貫き続ける僕の肉棒・・・
その長太槍を、受け入れ・・呑み込み・・貪り尽くす洋子の蜜壺・・・
互いの性器で高め合い・・お互いの愛の深さを確かめ合う二人・・・

ぐっちょ!!・・ぐっちゅ!!・・ズズン!!・・ズズン!!・・ジュップ!!
・・ズズン!!・・ズズン!!・・濡っちゅ!!・・グッチュ!!・・グッチュ!!


二人の快感はまさに重なり合いながらその上昇曲線を駆け上がり、程なく頂点に
達しようとしている。

「あああッ!!・・海ッ・・もう・・もうダメッ!!・・あああ・・
我慢できないッ!!・・いっちゃうッ・・いっちゃうよう~ッ・・ああ・・」

洋子のおまんこが痙攣しつつ、強い握力で僕の肉棒に襲いかかった。
一気に増幅した快感に僕の限界も訪れる。

「うう・・僕もッ・・もういきそうだッ・・ああ・・あああ・・・出そうだッ・・
あああ・・・うう!!」

パンッ!パンッ!!パンッ!!パンッ!!!

と、最後の突き入れを激しく数度・・・
そして・・・僕は溜まりに溜まったザーメン砲を発射した!!

どぴゅぴゅぴゅぴゅうううッッッ・・ドピュッ!!・・ドピュッ!!

「あううううッッッッ!!・・あ・・んんんんんッッッ!!・・・」

洋子は僕の激しく夥しい射出を肉壺の奥深く受け止め、全身を痙攣させて
自らもアクメに達してしまう。
繰り返し収縮を伝える洋子の狭いプールの中に、僕はなお精液を吐き出し
続ける。

どくどくどくどくッ!!・・どくどくッ・・ドクッ!!・・ドクッ!!

「あああ・・・海・・・あ・・あああ・・・」

溢れ出し、滴り落ちる精液の感触を二人は肉の狭間で感じ取りつつ、
深い幸福感に包まれる。

「洋子・・ああ・・洋子・・最高だよ!!・・素晴らしい・・」

「ああ・・海も・・・」

ソファの上での最初の激しい行為が終わると、海は中に入れたまま
私を抱き起こして、ぎゅうっと抱きしめてくれた。



④へ・・・

        banner01
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。