FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夜間飛行』 ⑪

「何がダメなんだい?・・マヤの体は・・ほらこんなに喜んでるじゃ
ないか!!」

言いつつ僕はますます激しく指を使う。

「そ、そんなぁ、、喜んでるんじゃぁ・・ないのぉ・・あぁああ・・」

「喜んでない?・・ほらほら・・こんなに感じてあそこを
ぐちょぐちょにしてるくせに!!・・ふふふ・・Hな音まで
聞こえ始めたぜ!!」

事実毛布の下からは、指の動きに合わせて、くちゅくちゅと湿った音が
聞こえている。

「やぁあ・・う、嘘よぉぉぉっ!」

「嘘じゃないよ・・ほら!・・マヤにも聞こえるだろ?・・な?」

僕はますます大きな音をさせるように指を使った。

「ああ・・Hだなあ!!・・マヤのおまんこ!!・・こんなにいやらしい
音をさせて・・・ほらほら・・・」

「あっ・・あぅっっ!・・い、いぃっ!」

マヤは堪えきれずにそう叫んでいた。
僕の言葉に煽られるかのように、Hな割れ目からはますます愛液が溢れて
くる。
そして、僕の肉棒をつかんだマヤの手に、ギュッと力が入る。

あ・・ううううう・・・
も、もう・・我慢できなくなっちゃうじゃないか!!

僕は一度手を抜くと、マヤの体を抱き寄せ、僕の腰の上に跨らせた。
改めてそんなマヤの上に毛布をかけ直し、座席をリクライニングさせる。
毛布の中で、二人の体が密着した。
僕の上に覆い被さってきたマヤの唇を奪うと、強く舌を吸い上げながら、
窮屈なタイトスカートをたくし上げていく僕・・・

んんん・・ふぐぐ・・うぐうぐ・・うぐ・・んんッぐ・・・

程なく剥き出しになるマヤのお尻・・・
僕はそこに腕を回すと、僕の方に引き寄せつつ、亀頭を花弁にあてがって、
ぐいっと腰をせり上げた。

ぐぶりッ!!

僕の自慢の長太槍が、一気にマヤの中心を刺し貫いた!!

「あふぅっ!」

思わず唇を離して悲鳴を洩らしたマヤ・・・
僕は床に着いた足で踏ん張りながら、ゆったりした腰使いでぐいぐい
マヤを突き上げる。
マヤの女のどん底を突き抉った亀頭が、そこをぐりぐりかき抉る。

「あああぁッ!・・お、奥まで・・あ、あああッ・・・と、届いてるぅうッ!」

「届いてる?・・ふふふ・・・それが気持ちいいんだろ?・・ほら・・
ここか?・・・え?」

ぐいッ!!・・ぐいッ・・ぐぶりッ!!

「ああッ!・・す、すごぉ~いッ!・・い、いやぁッ!」

激しく顔を打ち振りながらそう叫ぶマヤ・・・

「いやなの?・・じゃあ、やめるかい?」

そう言って僕が腰を引いて亀頭を抜きかけると、

「あ!・・だ、だめぇッ!・・いやぁッ!」

と、慌てて言った。
すかさずまた、ぐいっと突き上げ、

「どっちなんだよ!!・・はっきりしろよ!!」

と意地悪く言いながらまた蜜壺の底をぐりぐりかき抉る僕・・・
マヤはまたイヤイヤをしながら、

「抜かないでッ!・・入れてぇッ!・・ああああッ!・・突いてぇっっ!」

と、辛そうな声で言う。

「もっとズコズコ突いて欲しいのかい?」

そう尋ねると、恥ずかしそうにこっくりと頷く。
その仕草がまたたまらなくって・・・

「ふふ・・そう・・・じゃあ・・・・」

そう言うと僕は、高射砲を次々に打ち上げた。

ぐいッ・・ぐぶッ・・ずずんッ・・ずずんッ・・ぐぶりッ!!

「ああッ!・・ああんッ!・・いいッ!・・いいのぉッ!・・あんッ!・・あぁッ!」

僕の耳元でマヤは甘いよがりを放つ。
その声に興奮し、ますます夢中で突き上げる僕・・・

ぐいッ・・ぐさッ!!・・じゅぼッ・・ぐぶッ・・ずずんッ!!
・・ずずんッ・・ぐぶりッ!!・・ぐぐッ・・ぐさッ!!・・ずずんッ!!
ずずんッ!!・・じゅぶッ・・ぐちゅッ!!・・ずんッずんッ!!


マヤの柔らかなおまんこが、僕の突き上げを受け止め、呑み込みながら
得も言われぬ快感を投げ返してきた。

ああああッ!!・・すごいッ!!
気持ちいいッ!!

「どうだッ・・マヤッ・・はあッ・・はッ・・気持ちいいかッ?」

「いッ・・いいッ・・いぃッ!・・あふぅッ・・あ、ああッ!」

「あうッ・・はッ・・はッ・・マヤの・・おまんこもッ・・はあッ・・
すごく・・いいッ・・ああッ・・はッ・・」

毛布を掛けたまま、しかも服も着たままでの激しいファック!!
一気に体が熱く火照り、汗ばんでくる。
マヤは僕の首にしがみつき、激しい突き上げに合わせて自らも腰を打ち振り、
貪欲に快感を貪っている。

「海のぉッ!・・あ、当たるぅッ!・・いッ、いいぃぃッ!」

「うう・・僕もすごく感じてる!!・・うッ・・はあッ・・マヤの・・
おまんこが・・吸い付いてくるようだ!!・・ああ・・いやらしい・・
あ・・はあッ・・おまんこに・・ああ・・吸い込まれるようだ!!・・
あうッ・・はッ・・はあッ・・・」

互いの耳元で激しい息を吐きながら、それぞれが感じている快感を、淫らな
言葉で伝え合う二人・・・
それぞれの体の一点のみで繋がり合い、他の部分はお互いの衣服が隔てて
いる。
けれどもそのことが、裸で抱き合っている以上に二人の性感を高めていく
から不思議だ。
しかもたとえ他の客が居ないといっても、そこはファーストクラスの座席の
上・・・いつ誰が来るかも分からない。
そんな危なっかしさがやはり二人の官能を急激に高め、

「あッぁぁッ!・・もぉッ!・・ああッ・・だめッ!・・いっちゃうぅぅッ!」

と、早くもマヤは切迫した悲鳴をあげた。

「ああ・・うううッ・・僕も・・あッ・・はあッ・・いきいそぉッ!!・・
あッ・・はッ・・あああ・・マヤッ・・あ・・だめだッ!!」

ずずんッずずんッずずんッずずんッずずんッ!! ずんッずんッずずんッ!!
ずんッずんッずんッずんッ!! ずずんッずずんッ!! ずんッずんッ!!


「あうッ!・・いくッ!・・く、くぅぅっっ!!」

「あッ・・僕もッ・・あッあッ・・ああッ・・出るぅぅぅぅッッ!!」

「あああぁぁっっ!・・ぐぅぅっっっ!」

どぴゅぴゅぴゅッ!!・・どぴゅッ!!

・・どくどくッ・・どくり・・


僕はまたマヤのおまんこに、命の源を注ぎ込んだ。
ひくひくおまんこを痙攣させながら、マヤはそれを呑み込んでいく。

「あ・・ああああ・・・マヤ!!・・あああ・・また・・いっちゃった・・」

「海・・・す、すごい・・あああ・・」

「ふふ・・そんなにすごいかな?・・でも、マヤがお相手だから・・
だから何度でもいけるんだよ!!・・ほんと、もう離れたくない
くらいだ・・・」

「マヤも・・・もう離れられなくなりそうですわ・・・」

そんな睦言を交わし、でもやがてマヤは僕から離れた。
少しけだるさを感じて、シートに横たわったままの僕に、

「小杉さま・・お疲れのご様子で・・・」


マヤが優しく言った。

「うん・・ちょっと・・・」

「また少しお休みになってくださいませ・・・」

そう言うとマヤはギャレーに戻って行った。
僕はまた深い眠りに着くのだった・・・


⑫へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。