FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップル喫茶体験記 ⑪


カップル喫茶での淫らなデートレポート第6弾です。


彼女に潮を噴かせた後しばらくまったりした二人…
でもまだ僕のおchinchinは欲望を漲らせたまま天をついていました。

「じゃあ、今度は僕を逝かせて…」

そういうと彼女の体を起こし、僕の上に乗ってもらいました。

「うん…」

嬉しそうに笑いながら、僕の上に馬乗りになると彼女はなかなか挿入してくれません。
素股で逝かせようと、ぐちょ濡れの淫肉で僕のものを擦り立てます。
正直この状態を続けられれば、僕は逝ってしまうでしょう!



続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
           ↓
   banner01


でもそんなの辛い…

「中で逝かせて~」

と甘える僕…彼女は、

「もうしょうがないなぁ…」

と言いつつ、温かく潤った内部に導き入れてくれます。
妖しく淫らな彼女の腰使い…もうたまりません!
思わず呻いてしまう僕…
誠は嬉しそうな顔で喘ぎながら腰を振り続けます。
だんだんたまらなくなってきた僕は、体を起こし彼女を抱きしめキスをし、お互いがそれぞれ腰を蠢かせます。
快感と同時に愛おしさが込み上げてきます。
向きを変え、また彼女を組み敷き、一気にラストスパート!

「逝きそうだよ…」

耳元で囁くと、下から彼女は腰を使って僕だけを逝かせようとします。
よくこの手で僕は逝かされてしまい、誠のガッツポーズが出てしまうのですが、この日は山○さんたちが居たこともあって、負けるわけにはいきません。
彼女の足を抱え込み、Gスポに亀頭が当たるように角度を加減して、浅く小刻みに激しく突きます。

「あ…あ、あ、あッあッ…あああ…いいいッ!」

彼女の声に余裕がなくなり、足には鳥肌が立ってきます。
誠もまた逝きかけている印です。
めくるめく感覚が次第に高まり、どんどん抽送を激しくしていくうち、

「あ…ああッ!…いくッ!」

彼女が身も世もなく叫び、一気に蜜壺が収縮します。

「あ…ああああッ!」

僕も叫び…こらえていた熱い溶岩がせり上がり…

やがて激しく大噴火!ピュ♂′′″ヽ☆

二人は同時に咆吼し果ててしまいました。


近いうちにまたカップル喫茶でエロエロデートをしたいものです…

でもちょっと彼女のことが心配です…大丈夫かな?



⑫へ…



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。