FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての一泊旅行 ⑪


彼女が全裸になるまでの間、僕は股間に潜り込んで 割れ目(l) を舐めました。

mk354

ショーツを脱いだ段階から濡れていたその部分は、瞬く間に大雨洪水警報発令中となりました。

ぴちゃぴちゃ…

と、僕が舌を使う音が狭いホテルの部屋に響きました。
股間から送り込まれるその甘美な刺激に、腰を震わせて誠は耐えていましたが、

「あああ! 海! 早く…入れて!」

やがて我慢できなくなった彼女は、僕に尻を差し出して叫びました。


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
        ↓
    blogram投票ボタン



mk355

「ああああっっっ!」

待ち焦がれ涎を滴らせていた淫肉の 狭間(l) に、長太槍をずぶりと挿し入れると、誠は喜悦の声を発しました。

「もぉ、朝っぱらから声が大きいぞ!」

「ああん! だ、だってぇ!」

「気持ちいいから?」

「そ、そぉ! 海のおちんちん…気持ちいいのぉぉッッ!」

「ふふ…そのおちんちんが嵌ってるとこ、自分で触ってみて!」

僕はそう言って誠の手を二人の繋ぎ目に案内しました。

mk356

「ほら、どぉ? わかる!?」

「あ、ああ! わかるよ! 海のが…入ってる!」

「さぁ、自分でクリを…弄ってごらん!」

「あ! あああっ! あんっ!」

ゆっくり腰を回すようにして、蜜壺の中の長太槍でかき回す。
誠は自分が最も感じる部分を、自分で弄っています。

「ああっ! いっ! いいっ!」

次第に誠の声が切迫していくのがわかりました。
僕は誠の体を仰向けにし、再び正常位で貫くと同じことをさせました。

mk357

「あっ! やぁっ! あっ! あん!」

長太槍の長さを感じ取らせるように、僕はゆっくり抜き刺ししているのですが、誠自身の指が自分自身を責め苛み高まっていくのです。

これは使える!

と、僕は心密かにほくそ笑みました。

「あああ! 海ぃぃ! も、もぉ…だめぇ! 逝きそぉぉ~っっっ!」

その言葉を合図に、僕は彼女の手をどけまんぐり返しに体を折り曲げると、

ずずん! ずずん! ずずんっ!…

と、一気呵成の抽送を開始しました。

mk358

「誠ぉぉ! 見える? そらっ! 入ってるとこ! 見て!」

「ああああ! 見えるよぉぉッッ! おちんちんがぁぁ!
 海のがっ! ぐさぐさって…刺さってるぅぅっ!」


「うううっ! 誠の おまんこ(l) 気持ちいいよっ!」

「あん! 海のもぉぉッッ! おっきい! すごいよぉぉッッ!」

ずずんっずずんっずずんっ! ずんずんっ! 
 ずんずんずんずんっっっっ!


「やぁっ! あっ! ああっ! だめっ! 逝っちゃう!」

mk359

「おおおおおッッ! 僕もッッ! 出るぅぅっ! うううううっっっ!」

「いいいいっ! きてぇぇぇぇっっっ!!!」

どぴゅぴゅぴゅっ! どぴゅっ! どぴゅっ!

「あぁぁぁぁぁぁぁっっっ! いぃぃぃぃっっ~っっっ!」

全身を激しく痙攣させ…硬直し…
誠と僕は同時に絶頂を迎え果てました。

mk360




つづく…


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。