FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての不倫 旗日H④


「ねぇ…この体勢だとついつい激しく突いちゃうから、僕が下になるよ…」

「え!?…でも、海ちゃんのところについちゃうよ?」

「洗えばいいんだから平気だよ!」

そう言うと僕は洗い場に仰向けになった。
M美はそんな僕の上に跨ると、ゆっくり腰を使う。

m173


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
    ↓
banner01
ランキングに参加中

よく見るとやはり、二人の肉と肉の繋ぎ目には赤いものが滲んできていた。
最初から異様な興奮状態にあった僕は、それでもひどく高まった。

m174

「あああ…Mちゃん! もう…逝きそうだよ!」

「海ちゃん! いいよ! 逝って! 中で…出してぇっ!」

最後はついつい激しく突き上げてしまった。
下から腰を突き上げられながら、M美も腰を押しつけてくる。
お互いに腰を押し付け合い、本能のまま淫らに動かし合って…

「う、ううううっ! 逝くっ!」

「あああっ! 私も…い…いいっ! あ!」

m175

どぴゅぴゅぴゅっっっ! ぴゅっ! どぴゅぴゅっ!

僕はたっぷりと仲田氏して果てた! ´д`トホホ

「ありがとう…」

「気持ちよかった?」

「うん…」

だが…

次の一言に僕は凍った…

「よかった…私は海ちゃんの雌奴隷でいいから…私の体…
 好きに使って!」


え!?

そんなつもりじゃ…


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。