FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張です③

帰宅しました(^_^)/

って、本当は2時間も前に帰ってますよん♪

さっきまで彼女と一緒に「不信のとき」を見てたのですが、本当に怖いです

女性は…^^;

詳しくは下の彼女の日記をご覧ください…


ではでは…思い出話の続きです。



暗がりの中で僕は誠の足を拡げさせました。
むわっと噎せ返るような雌の臭いが立ちこめます。
そのかぐわしい香りを胸深く吸い込み、むしゃぶりつくように彼女の恥ずかしい肉の割れ目に口をつけ、しゃぶり回し、舌先で肉芽を剥き立たせると、ここはもっと念入りに舐め回す僕…

「あ…ああッ!…いいッ!」

と、素直に快感を訴える誠…舌先で送り込む刺激に合わせ、何度も跳ねるように体が震えます。
次第に硬度を増すピンクの真珠…それは薄明かりの中でもつややかに光り輝いています。
その愛らしい宝石を、何度も吸い出し、包皮を唇で抑えて舌先で嬲るうち、彼女の喘ぎは切なげなよがり声へと変わり、指まで加えてなおも責め立てると、啜り泣きに悲鳴混じりの甘い悶えになっていきます。
堪えきれなくなったのか彼女は、

「ああ…来て!…海!」

切なげに訴えました。
別れの後、復活したもののぎくしゃくした日々が続き、その辛さがずっと心にのしかかっていた僕は、彼女に自分を繋いだ途端、

「あああ…誠!…愛してる!」

と叫び、彼女の胸の中に倒れ込んで号泣しました。
肩を震わせて泣く僕の髪を、子供のように撫でながら誠も僕の耳元で、

「愛してる…大好き!」

と囁きました。
二人の心が溶け合ったと思えた一瞬でした。
僕は夢中で誠を突きました!

愛を込めて…泣きながら…

彼女も泣きながら喜悦の声を洩らし続けました。
共に昇り詰め…激しく果てても、僕らはいつまでも結合を解こうとはしませんでした。

あれから後も、何度も喧嘩してます…(^_^;)

でも…あの頃より今はまた…
もっと深く愛し合ってる僕たちなのです… ヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪

だよね…?^^



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。