FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の旅日記56


伏見稲荷大社をお参りした後は、石清水八幡宮へ行くことにしました。

iwasimizu001



続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
    ↓
banner01
ランキングに参加中




なぜ石清水八幡宮なのか?

と、申しますと…

「徒然草-第52段-」

仁和寺にある法師*、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩より詣でけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
 さて、かたへの人にあひて、「年比思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
 少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。


何でも今は中学の国語教科書に載っているのだそうですが、僕はこの段を高校だったか大学だったかに習ったとき「一度この話の舞台である石清水八幡宮をこの目で見てみたいものだ…」と、思ったのです。

何度も申しますように、僕は学生時代の四年間を京都で過ごしましたが、その間ここを訪れる機会に恵まれず、以来ずっとそのことが気がかりだったのでした。汗;

そこで今般京都を訪れるに当たって、是非ここへ行ってこようと思ったのでした。



去年の今日









スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。