FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼のオフィスで…②

私が勤めていた会社に海がきたことがあった。
ランチの約束をして、いつもなら会社には私一人しかいないから、きてみる?と言うと、海はその気になった。
前から海はオフィスでSEXをしてみたい願望があったのを私は知っていた。

けれどその日に限ってなかなか営業が出て行かず、やっと一人になったのは私の退社時間の少し前。
海に誰もいなくなったことを連絡し、会社へ海がきた。
道路に面しているので車があるとばれてしまう。
だから裏に止めさせ、裏から海を入れた。

社内をきょろきょろする海。
多分頭の中はどこでしようかとおもっているのではないか、私はそう思った。
でもまさか実際にはしないだろう、そう思っていた。



続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
    ↓
banner01
ランキングに参加中





退社時間になって、道路に面した前面ガラス張りにブラインドを下ろし、帰り支度をし始めた。
自宅から近いし、車通勤の私は制服のまま通勤していた。
ロッカーに荷物を取りに、といってもワンフロアーなので海から見える位置に行ったとき、海は私に近づいてきた。

おもむろに唇を奪われ、胸を制服の上から揉まれた。


seihuku01



誰かが帰ってきたらどうしよう、そう思うと私は声も出せなかった。
海が私の制服の胸をはだける。
下着を上に押しやり、胸が空気に触れた。

「あん!」

我慢していても吐息は漏れてしまう。

海の手はストッキング越しにスカートの中へ…



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。