FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人

友人とは、あなたについてすべてのことを知っていて、 それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである。

                エルバード・ハーバード



これぞ、まさに「言うは易く、行うは難し」だと思いますね。

特に・・・

それが男と女の間では・・・・


さてさて・・・

山口県光市の母子殺害事件(通称「光母子殺害」)の差し戻し控訴審で、犯人の「元少年」に死刑判決が出たことに対して、世間には賛否両論がありマスコミでもそれぞれの立場の意見を報道していますが、僕は「死刑で当然」と感じます。
強姦目的で一人の女性の命を奪い、生後11ヶ月の乳児の命も、まるでものを壊すかの如く奪ったことが、「未熟だったから」とか「社会的な自立が弱い」などとの理由で許されては、本当に遺族はたまったものではありません!
差し戻し審になってからの「自殺した母親のイメージを重ね、甘えたいとの気持ちから抱きついたら抵抗され、誤って死なせた」とか「生き返ってほしいという思いから強姦した」とか、乳児については「首を絞めた認識がない」との主張に対して「荒唐無稽で到底信用できない」との裁判長の判断には拍手を送りたいくらいです。
事件をずっと取材してきた作家の佐木隆三氏が「犯行の残虐性から極刑は当然」との意見に、僕は素直に共感を覚えるのです。

みなさんはいかがお考えでしょうか?



去年の今日

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。