FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け犬

胸をはって負け犬になれないものは、 勝者にもなれない

                          ハル・ベリーの母



負けを受け入れることができるかどうか・・・

ということじゃないのかな?

負けを認めないプライドの高さは、人を醜くする・・・

と僕は思う。

負けるが勝ち・・・そういうときだってあるさ・・・

さて、また中国にまつわるお話ですが(すいません…)チベット問題は、中国国内でのフランス製品の不買運動やらフランス政府に対する抗議行動に発展してしまいました。
フランスと中国と言えば、冷戦時代から良好な関係を保ち、旧西側諸国の中ではフランスが最も中国よりの外交を展開してきた国のはずです。
今回のチベット問題に関しては、フランスのサルコジ大統領が北京5輪開会式出席の条件として「中国政府と(チベット仏教の最高指導者)ダライ・ラマ14世との対話」をあげましたが、せめてそのくらいの前向きな姿勢を見せないとまずいだろと、友人として忠告したという印象を僕は受けました。
しかし、中国政府は「チベット問題はあくまで内政問題」として、諸外国の忠告を受け入れようとしていません。
その結果最大の理解者であるはずのフランス政府に反仏運動への対応を強いる結果となってしまいました。
日本の弱腰外交も歯がゆいですが、中国政府はその正反対をいっているな…と、ある意味感心してしまいます。
と同時にやっぱり「中華思想」なんだなと呆れもします。
みなさんはいかがお感じでしょうか?




去年の今日

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。