FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなところでも…


ごまかし・偽装か!?えぇ

例の毒餃子事件は、食品工場で従業員が混入したということでほぼ間違いないらしい
「やっぱりね…」という感じだ。
だいたい中国では、怨恨がらみで農薬を使った殺人事件・殺人未遂事件が多数発生しているとか…
そのような国内事情を考えれば、今回の件も十分「内部犯行」で納得がいく!



そんな中このニュース…

<北京五輪>「一つの世界、一つの夢」スローガンの本当の名づけ親は?―中国

2008/2/8 22:20

2008年2月8日、北京オリンピック委員会会議で採用されたスローガン「一つの世界、一つの夢」が、ある訴訟の結果、実は公式発表の「複数人で考え出したもの」ではなく、国際オリンピック委員会副会長何振梁(ホー・ジェンリャン)氏の案にアメリカのあるコピーライターが手を加えたものだったことがわかった。中国時報が報じた。

英国フィナンシャルタイムズ紙の報道によれば、訴訟がきっかけで明らかにされたスローガンの本当の作者はアメリカ人のジョージ・ハースラーという人物。

オリンピック組委の発表では、2005年1月1日から1か月間で、2008年北京オリンピックの公式スローガン募集事務局が集めたスローガンは21万件あまり。最終的に、専門家と人民代表や政協委員らが話し合って10件に絞り込んだ。さらに専門家によって意味や語感、各国の言葉に訳した際などを考慮した上で「一つの世界、一つの夢」というスローガンに決定されたとされている。

ところがこれに対して北京の方(ファン)さんという人が疑問を提出、自分こそがスローガンの原作者だとして北京オリンピック組委を告訴した。これにより、北京オリンピック組委は法廷で本当の原作者を明らかにしなければならなくなってしまった。

もともと何副会長が出した案は「一つの世界、一つの未来」というものだった。IOCはもっと「夢のあるものを」として、ジョージ・ハースラー氏に依頼。その結果このスローガンになった。ハースラー氏によれば、同スローガンはもともとは1996年アトランタオリンピックの際に作った案だったそうだ。

この訴訟に関する詳細は、まだ中国本土ではインターネットを含め、公になっていない。(翻訳・編集/岡田)

2008/2/8 22:20 更新


なんだ…

公募といっておきながら、身内の考えたものを使ったってことか!?

で…

それをまた自国民にすら公表せずに隠そうという訳ね!?

本当に国家ぐるみで「隠蔽体質」なんだろうね、あの国は…

北京オリンピックでは、きちんと記録が計測されたりするのだろうか?
自国選手に有利なような細工がされたりしたって、何も不思議じゃないよなぁ~?



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿
非公開コメント

うあぁ。。。。小太郎君(///▽///)

全くエントリーと関係ないコメントです。(すみません。。。嬉しくてつぃ(笑))

どーしても書きたくて(笑)

えとえと、小太郎クンが「yo-koだ♪」って。。。かわいいーーーv-10(笑)
2008/02/09 yo-ko URL 編集

おお!

小太郎がそんな一言を!?^^

まだまだ子供でなかなか長い文は喋らないんですが、歓迎の仕方はわかってるようですねぇ~!

またいっぱい構ってやってくださいねぇ~(^_^)/
2008/02/09 URL 編集
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。