FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの予兆…その⑨

翌12/1…僕は彼女にもしなかった…

彼女から来ない限り僕からはもうすまいと心に決めていた。

自分からメールしてイヤな思いをするくらいなら、しない方がいい…

僕はそう思っていた。

でもその感覚は、僕にかつての苦い思いを思い出させる…
グルグル過去のいろいろな思いが渦巻いて、どんどんマイナス思考にはまっていく…

だからあんな記事を書いてしまった…

でも彼女に対して、自分がどうすればいいのか僕にはまるでわからなかった…



2日、3日とそんな自分を騙しながらありきたりの記事を書きつつ、彼女からアクションがあるのを待った…

でも彼女からはなしのつぶて…

このまま僕らは終わるのかも知れない…

とその時ふと思った。

そんな3日の夜…

彼女からメールが来た。

「少林サッカーの後の、一緒に見に行った映画…なんだっけ?」

というような他愛もない内容だったと思う。

でも僕は仕事で忙しく、2時間ほど気づくのが遅れた。
でも気づいたときに、すぐ返事を送った。

「カンフーハッスルだよ

でもそれに彼女から返事はない…

23:00過ぎ…

ようやく仕事が終わって帰るときに、同じ返信を返した。
でも返事はない…

「もう寝た?」

でも…

やっぱり返事はない…

辛かった…

11/24の夜の「ほっといて」という言葉が、頭の中で渦巻いていた。

忘れてる訳じゃないんだと伝わるように、4日の朝メールを送った。
その日は彼女が病院に行く日…
経過が良好であればいいと、心から思っていた。

「今日は病院の日だね気をつけて行ってきてね…」

傷が痛くてきっと運転も辛いだろうと、僕なりに気遣ったつもりだった。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。