FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの予兆…その①


たぶん、それは11/23に彼女が薬を飲んだところからだと思う…

夕食時、彼女の女友達から連絡があり、誠が薬を大量に服用して大変だからすぐにして欲しいとのこと…
その日の夕方メールを交わし、でも話して普段と変わらない様子だったから、突然のことに僕はびっくりした。

何度かコールしても彼女はに出ない…
それでも僕はしつこく呼び続けた…

ようやく電話に出た彼女…
呂律も回っていないし意識も朦朧としているのかはっきりとした受け答えができない状態…
それでもなんとなく、舅にひどい言葉を浴びせられ、そのショックから自棄になって自宅に残っていた睡眠薬を全て飲んでしまったらしい!マジですか…ということがわかった。
このまま眠ってしまったら本当に命が危ないかなと思った僕は、何度も彼女の意識をはっきりさせようと怒鳴りつけた。
でも弱々しい返事…
そして、

「家を出たい…病院に戻りたい…」

と泣きじゃくる…

「手を喉に入れて、薬を戻しな!」

と僕が言っても、彼女はイヤだという…
僕は意を決して、でなく彼女の自宅にかけた。
彼女の家の人に介抱してもらわなければと思ったからだ…

でもその電話に…彼女自身が出てしまった。
これでも何にもならない…

「明日…荷物をまとめて、家を出な…後の面倒は僕が見る…」

そう話した…
彼女は、生返事…
僕の言っていることが分かっているのか?

僕は電話を切った。

また女友達から連絡が来たので様子を伝えると、彼女が誠の自宅に電話をした。
どうやら旦那が出たらしく、介抱を依頼したらしい…

「旦那さんがついていてくれますから、もう大丈夫ですよ…」

と女友達からは連絡が来た。

その瞬間…

ホッとした反面、言いようのない寂しさを僕は感じた…

明日彼女が家を出ることになったら僕はどう行動しようか?
と考えつつ、彼女の安否も気になって気になってその夜僕はほとんど眠れなかった…



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。