FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油断…


まだ引っ張るのか「1ヶ月ぶり」!?どんだけーw

1Rを終えて、ぺったりまったり体を寄せ合って息を整えていると、誠はおもむろに体を起こし、僕の萎えたきのこを襲いにきました…えぇ

やばいッ!><

と、思ったときには既に手遅れ…
柔らかく誠好みの大きさに萎えた僕のきのこは彼女の口中で「高速ぺろれろ」の刑に…

「あああ…おおおぉぉおっっ!」

のたうち回る僕の様子が嬉しくてたまらない誠はスッポンのように食らいついて、離しません!あ
逝ってしまった後の高速ぺろれろは、本当にもうたまらなく気持ちいいやら、もどかしいやら…なんとも言えない感覚なのです!

ふっと彼女の舌の動きが止まると、僕の体も一瞬緊張が解けます。
ふぅ~ッ…と一息気を抜いた瞬間、再び彼女の甘美な責め!´д`トホホ

「ああああぁぁッ!…や、やめてぇ~ッ!…どうかなるぅぅッ!」

叫びまくって彼女に「参った」と手で訴えるのですが、彼女の責めはやみません!><



「お願いッ!…参った!」

と言って、ようやく責めがやんでふっと気を抜くと、また「高速ぺろれろ!」

「うっぎゃぁぁ~~ッ!」

絶叫して暴れる僕…

また彼女の動きがやんで、ふっと息をつくとまた「ぺろれろ!」

こんなことを数度繰り返し、僕が必死に頼んでようやく彼女は解放してくれました。
ぐったりと伸びている僕を見下ろして彼女は本当に満足そうな笑み…
その笑顔を見たら僕も幸せになります。

だから全然構わないんですが…

しかし彼女の「高速ぺろれろ」には、いつも骨抜きにされてしまう僕なのです…落ち込み

ちょっと休んで第2R…

さっきのお返しとばかりに、彼女を指で逝かせ、栗舐めでいかせ…
再び潮を噴かせて逝かせて合体…seijoui

「逝きあし」のついた彼女は、挿入しただけで逝ってしまい、僕の体にしがみついて全身を痙攣させます。
足には鳥肌が立ち、爪先は丸まって…
僕は激しく、またゆったり…
深く浅く…変幻自在に彼女のおまんこを責め立てますが2度目の余裕で簡単には逝きません!ぷぷ

「お願い…逝ってぇ!」

彼女のその言葉に、

「じゃあ、逝くからね!?…一緒にいこ!?」

そう答え、彼女の足をがっしり抱え込んで、突き上げるように高速ピストン…

「ああああっっ!…だめッ!…また…逝くッ!…逝っちゃうぅぅぅッ!」

「ああああ…ぼ、僕も…逝きそうだよッ!」

「あああ…きて!…逝って!…ああああんんッ!…あッ!…あッ!…あああッ!…だめぇぇぇッ!…い…い、くぅぅぅ~ッ!」

彼女が叫んでまた逝った瞬間…

僕も熱い精を解き放ちました…ピュ♂′′″ヽ☆

を出て、帰る道すがら久しぶりの激しいHに、本当に幸せな倦怠感を覚えた僕…

幸せだったよ!?ハート



去年の今日







スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。