FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活…


そして色々あって彼の元に戻ったのがそれから3ヵ月後。

彼は不器用な人です。
冗談が冗談で通じなくて言葉通り捉えます。
だからそれが元でよく喧嘩になります。
それでも誰よりもあたしのことを理解してくれて、支えてくれて、旦那以上にあたしの心を支えてくれます。
いい意味で空気のような存在の人です。


彼といるときだけ気持ちが安らげて、ほっとできて、安心して眠ることができる。
なんでも言うことができて振り向けば必ず後ろにいてくれる。
子供がいなかったらきっとお互い離婚をして一緒になっていただろうと今も思います。

ただ、お互いに子供が一番。
子供を犠牲にすることだけはしない。
何があっても子供を最優先ということは暗黙の了解です。

うちの子のことも相談に乗ってくれて、愚痴を聞いてくれて、昔と違ってあたしだけを見てあたしだけを愛してくれる。

別れてからは俺様ではなくなって、あたしが笑っていてくれたらそれでいい、そう言ってくれる人です。


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
    ↓
  blogram投票ボタン

   フランス書房|女の子が濡れる官能小説


kannou




その彼と些細なことで喧嘩になったのが一昨日の夜

元々父親のことでもう1ヶ月以上会っていないしメールも電話もあまりしていなくて、お互いが限界だったというのもあります。
喧嘩をする度にあたしたちは必ず会ってちゃんと話し合って元に戻る。
そういうスタンスだったのに、今回はそれさえもしようとしませんでした。

彼はあたしが思っている「背徳」がわかっていませんでした。
彼と会っているときに父親にもしものことがあったら、あたしは一生十字架を背負っていかなければいけない。
あのときどこに居たの?と聞かれて答えられる場所にいたい。
そう思って彼と会わないようにしていたのが彼には通じていませんでした。

色々なイライラも重なり、去年のようにあたしの体調もまた思わしくなく、疲れてもういいやとなったのが昨夜。
また売り言葉に買い言葉です。
お互いがどんどん相手を追い詰めて、傷つけて、傷ついて。

それでも心のどこかで別れないだろうなと思ってました。
彼を必要としている自分がいる。


でもいつ元気になるのかわからない父親のために彼を待たせることが彼のしあわせなのか?
メールや電話ができて、会うことができる人といたほうが彼のしあわせじゃないのか?
彼を解放してあげたほうがいいんじゃないか…

そしてあたし自身ももう楽になりたい。
そう思いました。

今朝起きて、携帯の解約もあるし、駄目元で、

「午前中休めるなら罵声を浴びてあげてもいいけど?」

とメールをしたら出勤していたはずなのに、

「途中から休みをとったから10時半にいつもの場所で…」

と返信がきました。
ひどいことを言われることを覚悟で会いにいきました。

結局はあたしたちは会って話さなければメールや電話ではお互いを傷つけあうだけのようです。

会ってよかったと思っています。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 愛の軌跡
ジャンル : アダルト

コメントの投稿
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。