FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドクター・マヤの診察室』 ⑥

先ほどクスコで覗いたマヤの胎内の眺めが脳裏に蘇った。
と、同時に射出への遙かな前兆を感じて僕は、マヤの足を腰から外させ、
片足を胸に抱えもう一方の足を跨いでマヤの体を横向きにした。
そして自由になった腰をますます奔放に揺すって、マヤのおまんこを
責め立てる。

ずずんッずずんッずずんッ!! 

ずずんッずずんッずずんッ!!!


「オゥ ノー!! ユー アー キリン ミー!」


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
           ↓
     banner01
続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『ドクター・マヤの診察室』 ⑤

また鋭いマヤの叫び・・と、同時におまんこの内部も反応する。

「ああ・・まただッ・・すごいッ!!・・反応の方も異常なしだ!!

あああ・・それにしてもすごくいやらしい眺めだ!!・・やっぱり
僕のデカchinchinで味わわなきゃ・・・」
僕はそう言うと、クスコを放り投げマヤの足の間に腰を割り込ませる。

「さあ、特製注射で治療してやるよ・・ドクター!!」

そして濡れ綻んで待ちわびるマヤの花弁に、獰猛に漲り立った亀頭を
押し当てると、一気に・・・

ずぶずぶ・・めりめりめりッ!!

と、根元まで突き刺した。

「オゥ ジー ザッツ ソー グー!!」

マヤは歓喜の叫びを洩らした。


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
           ↓
     banner01
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『ドクター・マヤの診察室』 ④

「オゥ、、ノー、、、プリーズ!!」

さっき以上に大声でマヤは叫んだ。

「ほらあ・・おまんこは喜んでるみたいだぜ・・ふふ・・また涎が溢れて
きてる・・・」

花弁に湛えられた愛液が花びらから零れだし、尻の谷間を伝ってソファーに
まで滴り始めている。

「ああ、ああ・・ソファーが汚れちゃったら大変だよ!!」

そう言いながら、溢れた愛液のつけた筋を舌先で辿り、水源の熱い沼を唇で
覆って啜り上げた。

じゅるッ・・じゅぶぶ・・ちゅばぁぁぁッ!!・・うぐふぐ・・ちゅちゅッ!

「アアアッ・・・ノー、ノー、ノー・・・プリーズ!」

Oh, God! It’s not my intention, but I’m getting feeling so good…
(ああ、、どうしてなの? 私の意思とは裏腹に私の体は感じ始めているわ・・)


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
           ↓
     banner01
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『ドクター・マヤの診察室』 ③

『ドクター・マヤの診察室 Part 2』

「・・サア コレデ オーケー デス。 明日ニハ アナタノ 
熱下ガル・・・ソレデハ コチラニ イラシテ・・・ア・・! 
海野サン・・何ヲ・・・!!」


「ドクター・・僕だけに恥をかかせるようなことをして・・・」

僕はそう言うと、ドクター・マヤの体をソファーに押し倒した。
若い女の体臭に混じってカルバン・クラインのエスケイプがほんのり香る。
その芳しい匂いはますます僕を獰猛な獣に変えていった。

「アアッ・・止メナサイ!」

そう言って抵抗するマヤの白衣のボタンを、ひとつずつ外していく。
ノーブラの乳房が早くもこぼれかかった。

「治療ハ 終ワッタンデスヨ!」

「治療は終わったって?・・いや・・まだだよ!!・・ほら・・
まだこんなに腫れている!!・・さっきの治療だけじゃ不十分だった
ようだ・・・」

そう言い終わると同時に、僕は白衣の前を全開にした。
同時にさっき穿いたばかりのズボンとパンツをまた下ろして、早くも
回復した自慢のデカchinchinをマヤに誇示して見せた。
なんとマヤは、パンティも着けてはいない!!

「アアアッ・・何テコトヲ・・・!!」

股間を縁取る金色のヘアーが、ここがニューヨークであることを僕に思い
知らせてくれる。


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
           ↓
     banner01
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『ドクター・マヤの診察室』 ②

「・・・・・!!」

Wah! Look at this…! How big he is!
(まあ!この人の・・・何て大きく膨らんでいるのかしら!)
I don’t like small Japanese dicks, but…
(日本人の男、小さいからキライだけど・・・)
It’s worth trying this guy…
(この人の見てみる価値あるわ・・・)

「アラ・・・何カ オカシイデス・・・
チョット モウ少シ 下ノ方マデ 診テミナイト・・・」

「え?・・ちょっとそれって・・・」

ビヨヨンッ!

Wah-oh! This is great!
(わ~おッ!素晴らしい!)


続きを読む前にぽちっと・・・よろしく!^^
           ↓
     banner01
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『ドクター・マヤの診察室』 ➀

このお話は、昔々にメールフレンドと一緒に考えた合作です。
「夜間飛行」の続編になる話です。

『ドクター・マヤの診察室 Part 1』

ううっ・・まだ頭がフラフラする・・・
出張先のニューヨークに着いてから、ずっとこの有り様だ。
昨日、機内でCAの彼女=マヤと悪ふざけが過ぎたのかな・・・
とりあえず、先方は理解してくれたから、何とか会議は切り抜けたけど、
まだ1週間も滞在が残ってるから、
やっぱり彼女が紹介してくれた医者にでも行ってみるか・・・

   Maya D. Goldman, MD    医師 マヤ・D・ゴールドマン
   Internal Medicine/General Practice  内科専門/一般開業医
   Office: (212) 072-3969   電話: (212) 072-3969
   Cell: (212) 072-6939   携帯: (212) 072-6939
   By Appointment Only    完全予約制


女医か・・・ちょっと苦手なんだよな・・・
何だか高慢チキそうで、鼻持ちならない人種のような気がして・・・
でも、まあ、美人だって言うし、日本語も堪能だって言うから、
見物のつもりで行ってみるか・・・
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。