FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夜間飛行』 ⑫

(映画はすべて終了し、機内は明るくなる)

「・・・海野さま・・・海野さま・・・
うなされていらっしゃいましたけど、どうかなさいましたか・・・?」

「ううんん・・・なんだか寒気がして・・・」

「ちょっと失礼させて頂きます・・まあ、大変! 熱がありますわ!
どうしましょう・・・!」

「薬はある?」

「えっと・・・少々お待ちになって・・今すぐ、解熱剤をお持ち
しますわ。」

「ああ・・頼みます・・うう・・・」

ああ、どうしよう・・・
お疲れのところ、あんなHなことばかりしちゃったから・・・
大したことないといいんだけど・・・
心配だわ・・・そうだ!
ニューヨークのマヤの主治医の先生をご紹介しようっと。
着いたらすぐに診察に行って頂くの。
それがいいわ!
続きを読む
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ⑪

「何がダメなんだい?・・マヤの体は・・ほらこんなに喜んでるじゃ
ないか!!」

言いつつ僕はますます激しく指を使う。

「そ、そんなぁ、、喜んでるんじゃぁ・・ないのぉ・・あぁああ・・」

「喜んでない?・・ほらほら・・こんなに感じてあそこを
ぐちょぐちょにしてるくせに!!・・ふふふ・・Hな音まで
聞こえ始めたぜ!!」

事実毛布の下からは、指の動きに合わせて、くちゅくちゅと湿った音が
聞こえている。

「やぁあ・・う、嘘よぉぉぉっ!」

「嘘じゃないよ・・ほら!・・マヤにも聞こえるだろ?・・な?」

僕はますます大きな音をさせるように指を使った。

「ああ・・Hだなあ!!・・マヤのおまんこ!!・・こんなにいやらしい
音をさせて・・・ほらほら・・・」

「あっ・・あぅっっ!・・い、いぃっ!」

マヤは堪えきれずにそう叫んでいた。
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ⑩

『夜間飛行』 -Part 4-

再び機内が暗くなり、2本目の映画が始まる。
それを待って僕はまた、呼び出しコールを鳴らしてマヤを呼んだ。
すっとシャネルの22番が香り、マヤがやってきた。

「・・・あ、はい、、、海野さま、何かご用でしょうか・・・?」

「なんだか一人だと退屈でね・・・」

ほんの2時間ほど前に、マヤのおまんこに思う存分欲望を吐き出した
と言うのに、僕の不肖の息子はまた頭をもたげ始めていた。

「ええ、、仕方ありませんわね・・今日はファースト・クラスには
海野さましかいらっしゃいませんもの。」


「ここに座って、少し話し相手になってくれませんか・・・」

「えっ?・・・あの、、、本来ですと・・客室乗務員はお客さまの
お席にはお座りできないんですけど・・・」


「映画の間は、休憩できるんじゃないの?」

「ええ・・わたくしは今、休憩時間ですわ。」

「だったらいいじゃないですか・・僕はマヤのことをもっとよく知りたい
んだ・・・ね!」

「うふふ。。じゃあ、少しだけなら・・・」

そう言ってとなりの空席に腰を下ろしたマヤを僕はじっと見つめた。
マヤは僕が口を開くのを待って、やはりこちらを見つめ返す。
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ⑨


(一本目の映画終了後)

「・・・海野さま、、、お目覚めで・・ございますか・・・?」

「ああ・・すっかり眠ってしまったようだね・・ふふふ・・
マヤのおかげですっきりしたからかな・・・」


「はい、、、おしぼりとお飲み物でございます・・・。」

「ありがと・・・」

「ミネラル・ウォーター、オレンジ・ジュース、リンゴ・ジュースが
ございますが、どちらになさいますか・・・?」

「ミネラルがいいな・・・」

「はい・・どうぞ・・・」

「どうも・・・」

「あの、、、これより、機内販売に移らせて頂きます・・お手元のカタログを
ご覧頂いて、何かございましたらお申し付け下さい・・・」

「いや・・結構だ・・・」

「・・・ご遠慮なさいますか?・・はい、かしこまりました・・・」

ああ、、、あんなことがあった後に、
仕事で普通に話さなきゃいけないなんて、
何だかとっても照れちゃう・・・
マヤの声が震えてるの、気付かれちゃったかな・・・でも・・・
寝起き姿もなかなかセクシーで見惚れちゃう・・・
うふふ・・・もし一緒に朝を迎えたら・・・
いくら朝に弱いマヤでも一発で目が覚めちゃうかも・・・
な~んて、、、色々、想像は膨らむばかり・・・
ダメダメ・・・まだ仕事中なんだから・・・
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ⑧

『夜間飛行』 -Part 3-

機内が暗くなって、マヤが休んでたら、海野さんがいらっしゃって
びっくりしちゃった・・・

「いや、別に用事というわけじゃないんですよ。ただ、ちょっと退屈した
もので・・・」


って言うから、何気ない世間話でもするのかと思ったら・・・
急に膝を付いて、マヤの前に屈み込んで、まるで白馬の王子さまみたいに
下からじっと見つめられた時はもうドキドキ・・・!
返す言葉もシドロモドロになっちゃって、何て言ったのか自分でも覚えて
いないほど・・・

「ほんとにいろいろ親切にサービスしてくださってありがとう。ただその
お礼がしたくってね・・・」


っておっしゃるけど、マヤはただ仕事をしてるだけ・・・
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ⑦

2度、3度・・・ゆっくり長太槍を抜き刺しした後、僕は激しい抽送を
開始した。

ずぶッ・・ずぶッ・・ずぶッ・・ぐちゅッ・・じゅぶッ・・!!

「ああ、、すごい・・・! こんなの・・初めて・・・!!」

僕の肉棒の素晴らしさを褒め称えながら、マヤは髪を振り乱してその
めくるめく快感に溺れ始める。
そんなマヤの腰をがっしりとつかんで、僕はリズムに変化をつけつつ
ピストン運動を繰り返す。

ずぶッ・・ずぶッ・・ずんッずんッ・・ずずんッ!!
・・ぐっちゅ!!・・ぬちゅッ・・ずずんッずずんッ!!


「はあッ・・ああッ・・・いいッ・・・」

激しい息の中から切れ切れに快感を訴え続けるマヤ・・・
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ⑥

その限りなく柔らかな官能の根源に、僕はマヤの下着を食い込ませ、浮き
上がった肉の溝に沿って指をぐりぐり揉み動かす。

「ああ・・・」

甘く悶えながらマヤは体を震わせた。
下着の布地にまた温かな潤みが広がっていく。

「ああ・・どんどん濡れてくる!!」

僕は乳首を含んだ唇を離して、聞こえよがしに囁いた。

「そんな、、そんなはずはありません・・・!」

「いや、それがこんなに濡れて・・そら・・あああ・・こんなにぐちゅぐちゅ
にして・・・ほんとはもう欲しいんでしょ?」

「な、なんてことおっしゃるの・・・?」

「ふふ・・・僕のはもうこんなになってるんですよ・・・」

そう言ってマヤの手をつかみ、ズボンの膨らみに案内した。
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ⑤

『夜間飛行』 -Part 2-

機内が暗くなる。
僕は、しばらく様子を窺った後おもむろに立ち上がり、後部のギャレーに
向かった。
例の彼女=マヤはちょっと放心した感じで、乗務員用の椅子に腰掛けていた。

「マヤさん・・」

そう言って声をかけるとマヤは顔を上げ、にこやかに微笑んだ。

「あ、、はい・・・何かご用でしょうか・・・?」

「いや、別に用事というわけじゃないんですよ。ただ、ちょっと退屈
したもので・・・」

僕は言いつつマヤの前に屈み込み、下から見上げるようにじっと
顔を見つめた。
足元の補助ランプだけで暗い機内・・・でもこうして見上げると
マヤの端正な顔を細かく観察できる。
どぎまぎした様子でマヤは視線を泳がせ、

「あの・・えっと・・・この先、長いフライトですものね・・・」

と言ってポッと頬を染めた。
ああ・・その仕草がまたなんとも愛らしい!!

「ほんとにいろいろ親切にサービスしてくださってありがとう。
ただそのお礼がしたくってね・・・」

僕はそう言って、膝の上にあったマヤの手を握る。
マヤが一瞬ビクッとしたのが分かった。
握った僕の手を押し戻すようにしながら、

「と、とんでもございません・・・仕事ですから・・・」

マヤはそう言い、ぎこちなく笑った。
僕は押し戻された手を、そのまま引き寄せ、マヤの指先にキスをする。

「あ。。。」

マヤは恥ずかしそうに顔を横向けた。
UPにまとめた髪の下に、白いうなじが艶めかしく見えた。

ああ・・やっぱり我慢できない!!
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ④

・・・やっぱりあの人、マヤに気があるのかしら・・・
あんなに何回も呼び止めて質問するなんて・・・
アレくらいの人になると出張も多くって、
あんなことぐらい皆知ってるはずなのに・・・
・・・でも、いっか・・・素敵な人だし・・・
よぉし、もうちょっと刺激しちゃおっかな~・・・
ブラインドを閉めるフリして、手を伸ばして、
そっとマヤの胸を押し付けちゃうの・・うふふ・・
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ③

(機内アナウンス:業務連絡、業務連絡、、、
         客室乗務員はC-3A-1を確認して下さい・・)


はい、はい、、、わかりましたよ~だ・・・
・・・OK・・・じゃ、
マヤもシートベルトしなくっちゃ・・・

ガチャ、ガチャン・・・

ヒュ~ッ・・ゴーッ・・・ゴゴゴーーーッ・・・・・・・・
(離陸30分後)

ピンポーン!(シート・ベルト着用サインが消える)
ガチャガチャガチャ・・・ざわざわざわ・・・・・・

(機内アナウンス:皆さま、只今、シート・ベルト着用のサインが消え
         ましたが、飛行中、気圧の関係で機内が揺れること
         がございます。
         皆さまの安全のため、できるだけシート・ベルト着用
         のまま、お座席にご着席下さいませ。
         アテンション、プリーズ・・・)


さてと・・・お食事とお飲み物の用意だわ・・・

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ②

「海野さま、、、お待たせ致しました。おしぼりとお飲み物で
ございます・・・」

「ありがとう・・!」

「新聞か何か読む物をお持ち致しましょうか?・・本日はジャパン
タイムズ、ニューヨーク・タイムズ、朝日、読売、日経などを取り
揃えてございます。」

「じゃあ、朝日と日経を・・・」

「あ、、はい、かしこまりました。それではまたしばらくお待ち
下さい。」

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『夜間飛行』 ➀

これは昔々、僕がメールフレンドと書いた妄想話です。

『夜間飛行』 -Part 1-

・・・この前のニューヨークのテロ事件のおかげで、
最近はめっきり乗客も減っちゃって、航空業界も大変だわ・・・
アメリカに飛ぶ便数も減っちゃったし・・・
特に成田-JFK間の乗客は減っちゃって・・・
今日はファースト・クラスのお客さまも一人だけみたいだし・・・
ま、、マヤの仕事がラクになってよかったけど・・・
あ、いらしたみたい・・・
まあ、、、ちょっと素敵な人・・・!
えっと・・・お名前は・・・海野 海さま・・ね・・・
〇×△商事社長・・・まあ、あんなにお若いのに・・・!
OK、、、それじゃ、仕事、仕事・・・・・
続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。