FC2ブログ
FC2カウンター


覗いてる人:
プロフィール

海(♂)

Author:海(♂)
二人の出会いから、別れに至る…切なくも激しいラブ・ストーリー

このブログに使用している画像は、全てネット上で拾ってきた物です。もしも著作権上問題のある画像がありましたら、ご一報下さい。即刻削除致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Awayの洗礼・・・

なでしこに中国流アウェーの洗礼! 五輪アジア最終予選、現地プレビュー。

Number Web 8月31日(水)12時4分配信
 ロンドン五輪女子アジア最終予選に臨むなでしこジャパンは8月28日に中国・済南に到着した。

 翌29日、直前調整を行うなでしこのために主催者側が用意していた練習場は、スタジアムに併設されているサブグラウンド。しかしこれがとんでもないシロモノだった。

 サッカーの試合やトレーニングが行われない時は、ゴルフの打ちっぱなし練習場としても使用されているのである。

 片方のゴール裏に2階建ての打席がしつらえられていて、反対側のゴール裏にはそれなりの高さのネットが設置されている。ただし、ゴルフ練習場として見た場合は中途半端な大きさだ。距離は最大でピッチの縦方向+周囲のトラック分しかないし、両タッチライン側や天井にまでネットが張り巡らされているわけでもないから、せいぜいショートアイアンを使ってのアプローチを打つぐらいしかできない。ということは、ほとんどの打球がピッチの芝の上に落ちるわけだ。

 官製のスポーツ複合施設内にあるサッカーグラウンドを打ちっぱなし練習場として使っていること自体が驚きだし、五輪出場をかけた大事な大会の練習場として、そうしたグラウンドを他国の代表チームに提供していることはさらに信じられない。

 芝の下の土が打球のせいでデコボコになっているかもしれないし、落ちたボールをすべて取り除けている保証はない。穴に足を取られ、あるいはまだ残っていたボールを踏んで足を痛めても何の不思議もないグラウンドなのだ。仮に徹底してボール除去を済ませていたとしても、選手としてはもしもの不安があって全力疾走を躊躇してしまうのではないか。

■ゴルフの打ちっぱなし練習場に、無情に降り注ぐ雨、雨、雨……。

 男子代表が中東でアウェー戦を行う際など、練習会場に釘が落ちていた等の話をよく聞くが、ゴルフの打ちっぱなしとはまた意外な方向からの「アウェーの洗礼」である。

 だから練習開始前、ポールを立てたりコーンを置いたりといった準備と並行して、なでしこジャパンの男性スタッフは入念にピッチを確認していた。

 歩いた感触はどうか、芝深くにボールが隠れていないか。

 やがて佐々木監督が、ピッチの中からボールを1個つまみ上げた……。

 そしてやっと練習を開始しようかという段になって、小ぶりだった雨が突然激しくなり、やがて雷雨に変わった。そのままいくら待ってもやむ気配がなく、初日の現地練習は中止となったのだった。

 この先の済南周辺の天候を調べてみても、雨模様の日が続く予報になっている。するとどんな状況が予想されそうかという観点から、目前に迫った五輪予選をまず展望していきたい。

 一番恐いのは、日本の持ち味であるテクニックが無力化されることだ。

■なでしこの“テクニック”がぬかるみの中に消える!?

 ぬかるみ、水が浮いたピッチでの試合は、細かなステップや精緻なトラップ、ピンポイントのパスといったお家芸をなかなか発揮できない。かといって大きな展開をしようにも、なでしこにはキック力のある選手が不足しているし、ロングパスで組み立てるサッカーにも慣れていない。

 一方、重馬場で力を発揮するのが、パワーのある選手を揃えたチーム、つまりオーストラリア、韓国、北朝鮮、中国といった国々である。長いボールをスペースに放り込み、遠目の距離からシュートを放ち、馬力のあるドリブルで敵を蹴散らしと、割り切った試合ができる。

 つまり、日本とタイ以外のすべての出場国が、足元の悪いピッチをものともしないのだ。

 いやむしろ、世界一になったなでしこの武器が奪われるのだから、悪天候は望むところかもしれない。そして唯一のお仲間であるタイにしても、乾いたピッチほど技術の差がつかない条件は大歓迎だろう。僅差での敗戦に持ち込めれば、それはタイにとって勝利に等しいし、逆に日本にとっては総得点や得失点差の面で大きな痛手だ。

■晴れたら晴れたで、圧倒的なスピードを誇る敵と戦う難局が待つ。

 文字通り、不穏な雲行きになっている済南ではある。

 ただし中国のスタジアムは、素晴らしい水はけのピッチを持っている場合がある。北京五輪グループリーグでのノルウェー戦を現地で観戦した日本人はあまり多くないかもしれないが、あの時の上海は試合開始30分前まで激しい雷雨が降り続いていた。しかしいざ試合が始まってみると、多少の水しぶきこそ上がっていたもののピッチはまるでぬかるんでおらず、きれいにボールが走ったのだ。まるで、ホーム戦ではパスがよく回るようにあえてピッチに水をまくバルセロナの試合のように。

 五輪予選の試合は済南市内の2カ所で行われるが、どちらの会場もあの上海体育場のようなピッチであることを期待したい。

 が、そうなると――あるいは好天に恵まれると――今度はスピードという厄介な問題と直面しなければならない。

 W杯のイングランド戦でもアメリカ戦でも、日本は敵のロングボール一本で快足FWにDFの裏を取られて失点した。また8月19日に行われたなでしこジャパン対なでしこリーグ選抜のチャリティーマッチでは、後半にリーグ選抜がスピードのあるアタッカーを投入すると、なでしこ守備陣をパニックに陥れた。

 今回の五輪予選の対戦国にも、同タイプの選手は少なからずいる。

■爆発的スピードを誇る敵FWと、気になる審判の噂とは?

 例えばタイのFW、ピトサマイ・ソーンサイ。昨年11月のアジア大会で日本と対戦した時には、日本の左サイドをカウンターで脅かした。

 オーストラリアは看板FWのリサ・デバンナが世界トップクラスのスピードを持っているし、W杯をけがで欠場し今大会で代表復帰したベテランのサラ・ウォルシュも、爆発的な瞬発力で一気に相手を置き去りにできるプレーヤーだ。また、本来FWでありながらW杯では右DFに起用され、効果的なオーバーラップを見せた16歳のケイトリン・フォードは、ドイツ大会のベスト・ヤングプレーヤー賞に輝いている。

 北朝鮮はドーピング問題で5人の主力選手にFIFAから出場停止処分が下ったが、16歳のキム・スギョンは健在だ。右MFの彼女は、切れ味鋭いドリブルが身上。W杯初戦のアメリカ戦では百戦錬磨の相手DFを完全に翻弄し、再三決定機を作り出していた。

 最後に、未確認だが気になる情報をひとつ。ある出場国(日本ではない)のスタッフによれば、今大会の審判は全員UEFAから招集されているという噂があるのだという。北朝鮮以外の出場国には、それぞれ国際的に評価されているレフェリーがいる。しかし総当りのリーグ戦のため、大会終盤に近づくにつれ自国を間接的に有利にするためのジャッジ云々と、詮索をされかねない。そうした余計なトラブルを避けるため、FIFAが(この五輪予選はAFC管轄ではないのだ)が前もって手を打ったということはあり得るだろう。

 実際、'06年の女子アジア杯準決勝でUEFAからの審判が笛を吹いた前例もある。ただこの時は中国vs.北朝鮮戦での微妙な笛を巡り、激高した北朝鮮選手が試合後にイタリア人主審を追いまわして蹴り上げるという前代未聞の事件が起こったのだが……波瀾の大会にならないよう、祈るばかりだ。

 ロンドン五輪アジア最終予選の初戦は9月1日木曜日のタイ戦。その後、3日・韓国戦、5日・オーストラリア戦、8日・北朝鮮戦、11日・中国戦と、10日間ほどで5試合というサッカーとしては異常なスケジュールをこなすことになる。

 降っても晴れても予断を許さない。そんな五輪アジア予選がいよいよ始まろうとしている。

(「なでしこジャパン特報」河崎三行 = 文)


厳しい闘い・・・
でもそれを乗り越えてこそなでしこの真価が問われる!



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

バトン、やってみた


ちょっとHなバトンをやってみました。^^



男の人にききたいな♪バトン

Q1 ぽっちゃり女性とスリム女性、どっちが好き?
A1 どっちかというとぽっちゃり系
Q2 ブログにエッチな写真を載せるような女性は嫌い?
A2 嫌いじゃない、むしろ好き^^
Q3 痴漢プレイが好きな女は変態だと思う?
A3 思わない、楽しいじゃないですか^^
Q4 自分で下の部分を剃っている女は嫌い?
A4 嫌いじゃない・・・昔剃らせていた事がある。
Q5 実は上の質問はほとんど私の事だけど、最後に…こんな質問書いてて濡れちゃう私ってどう思う?
A5 素敵ですね!

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アダルト

たぶん・・・


価値観の相違なんだろうな・・・

それとも僕が年をとったということか?

いずれにせよ、すごくいろいろなことが面倒で仕方がない。


続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アダルト

SEXI



SEXY ではなく・・・

SEXI です^^

「セクシャルSNS」なのだとか?

久しぶりにそんなもの始めた・・・

誘われたから入ったのだが・・・

さてさて・・・



テーマ : ひとりごと
ジャンル : アダルト

勝利とフェアプレー。 ~なでしこ、もう一つの快挙~ ②



小川勝 = 文

text by Masaru Ogawa

警告が少ないのは日本女子サッカーの誇るべき伝統。

 ファウルが少ないのは、そもそも相手選手と接触しないで、ショートパスを多用する日本のプレースタイルの結果という側面もある。だがディフェンスの時は、接触を避けようとしても相手が挑んでくる場合もあるので、やはり高い技術と、ラフプレーはやらないという精神がなければ、こういう結果にはならないはずだ。

 もともと女子日本代表は、警告の少ないチームだった。W杯には'91年の第1回大会からすべて出場しているが、過去の5大会(うち4回はグループリーグ敗退)は、すべて警告0回~3回。出場国の中で、最も少ないか、少ない方から2番目だった。これは日本の女子サッカーにとって、誇るべき伝統と言っていい。今回もそれを失うことなく、優勝を果たしたわけだ。

 また、単にファウルや警告が少ないだけではなかった。日本の選手たちは、疑問の残る判定にも、審判に文句を言ったりはしなかった。どう見ても日本のCKになるべきところで相手のゴールキックになったり、首をかしげたくなる判定はいくつかあったが、選手たちはすぐに次のプレーに入った。
「ずる賢い世界」にあって輝くなでしこジャパンの世界一。

 決勝戦では、後半18分、FW大野忍が中盤で米国DF陣の裏を取って抜け出し、GKと1対1になりかけたが、オフサイドの判定になった。しかしこれはビデオで見直すと、オフサイドではなかった。米国でこの試合を中継したESPNでさえ、この場面をビデオでリプレイして、はっきりと「審判のミス。(試合を)止めるべきではなかった」とコメントしていた。それでも日本の選手たちは、審判に食ってかかったりはしなかった。これは、選手たちが育ってきた社会の習慣の反映だったのかも知れないが、それが、スポーツ選手として望まれるものであることに変わりはない。

 足もかかっていないのに倒れこんだり、時間稼ぎのために転んだまま立ち上がらないといった場面も、ほとんど見られなかった。W杯のような大会では、ずる賢さも欠かせないといった論理が、時に「世界の常識」として語られる。それが常識なのであれば、そのずる賢い世界にあって、なでしこジャパンの世界一は、ますます価値が高いと言えるだろう。


だからこそ彼女たちは美しい!^^

それにひきかえ・・・

ずるい女は本当に醜い  ><


テーマ : ひとりごと
ジャンル : アダルト

勝利とフェアプレー。 ~なでしこ、もう一つの快挙~ ①



小川勝 = 文

text by Masaru Ogawa


澤穂希が表彰台でW杯トロフィーを頭上に掲げた時、ようやく「本当に優勝したんだな」と多くの人が実感したのではないだろうか。大陸予選を含めれば122の国と地域が参加した今大会。その頂点に、日本が立った。通算0勝7敗1分だったドイツを準々決勝で撃破。同じく、通算0勝21敗3分だった米国を決勝で倒した。なでしこジャパンが示したのは「すべてのデータは、結局のところ過去の結果に過ぎない」という真理だった、とも言える。

 文字通り、世界をあっと言わせたビッグアップセット。だが、今回のなでしこジャパンの優勝の価値は、番狂わせを起こしたという点に止まらない。彼女たちは、優勝と同時に、フェアプレー賞も受賞したのである。この賞は、ファウルや警告(イエローカード)、さらには退場の数が少なく、クリーンにプレーしたチームに与えられるものだが、1991年に始まった女子W杯の歴史上で、優勝チームがフェアプレー賞も受賞したのは初めてのことなのだ。
最もクリーンにプレーして頂点に立つという理想を初優勝で実現。

 男子のW杯では、'78年大会のアルゼンチン、'94年大会のブラジル、'98年大会のフランス、そして2010年大会のスペインが、優勝とフェアプレー賞を同時に受賞している。しかし女子では今回の日本が初めてで、最もクリーンにプレーして頂点に立つ、という一つの理想を、初優勝で実現したのである。

 延長戦が2回あった日本は、6試合通算で600分を戦って、ファウルは55回、警告は5回。90分平均に換算すると、ファウルは8.25回で、オーストラリアに次いで2番目に少なく、警告は0.75回で、最少だった。退場は1回で、これは6試合を戦った4強の各チームはいずれも同じだ。日本の退場は、米国との決勝戦、延長の終了間際に、ペナルティエリアのすぐ外で、決定的なピンチを止めたDF岩清水梓のタックルにレッドカードが出たもの。これはビデオで見返しても、レッドカードに値するほど危険なものだったとは思えないが、いずれにしても日本は、データからも総合的な印象からも、今大会で最もクリーンなプレーをしたと言っていいだろう。



汚い国・・・はどこだ?^^

中国だ!

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アダルト

なんと~!^^

日本、宿敵韓国3発で沈める 13年半ぶりホーム勝利

デイリースポーツ 8月10日(水)21時28分配信

 「国際親善試合、日本3‐0韓国」(10日、札幌ド)

 日本が宿敵を圧倒。来月に迫ったW杯3次予選に向け、最高の結果を残した。序盤から主導権を握ると、前半35分にゴール前でパスを受けたFW香川真司(ドルトムント)が先制ゴール。チームを勢いづけると、後半も韓国を圧倒した。後半7分にMF本田圭佑(CSKAモスクワ)、同9分には再び香川が決め、勝負を決めた。PK戦以外での韓国戦勝利は05年8月の東アジア選手権以来、6年ぶり。ホームでの勝利は98年3月以来、13年半ぶりだ。


日本が勝った!^^

すげぇ~


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。